現役引退のピルロが今後を語る...監督業は「インスピレーションを感じたら」

現役引退のピルロが今後を語る...監督業は「インスピレーションを感じたら」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

今後についてコメントしたピルロ [写真]=AMA/Getty Images

今シーズン限りでの現役引退を表明した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが10日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、今後のキャリアについて言及した。

同日行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのファーストレグ、イタリア代表対スウェーデン代表の試合開始前に、ピルロはニューヨークからの中継で出演。2015年夏から2年間にわたって在籍したニューヨーク・シティFCで現役最後の試合を終えたばかりの同選手は、今後もサッカーと関わり続けていくことを示唆した。

監督への転身の可能性を問われたピルロは、「現役を終えて数日が過ぎたところだからね。本当に明確な方針はまだ持っていないんだ。確実に(監督ライセンス取得のための)コースは受講する予定だよ。自分にとって将来、有益になることだからね。もし、(監督業への)インスピレーションを感じたら、やらない理由はない。そうでなければ、他のことをするよ。でも、可能性はあるね」とコメント。指導者の道を視野に入れていることを認めた。

また、イタリア紙『ラ・レプッブリカ』は、古巣ユヴェントスがアンバサダー就任を打診していると報じている。ピルロはGMへの興味を問われると、「やってみたいね。試合観戦や選手たちを知ることが好きだし、カルチョを愛しているから。それに、私はいろんなリーグに精通しているし、若手選手を観察することも好きだ。(GMになるのは)名案かもしれない」と語り、強い関心を示した。

ミランでは2度のチャンピオンズリーグ制覇、ユヴェントスではセリエA4連覇などを達成し、イタリア代表としても2006年ドイツW杯優勝を経験したピルロ。サッカー界にその名を刻んだ伝説の司令塔のセカンドキャリアの行方にも、多くの注目が集まりそうだ。

(記事/Footmedia)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
アトレティコがローマ撃破、グリーズマンの鮮烈弾で突破に望み
就任わずか2ヶ月でサウジ代表監督解任。7ヶ月後に迫るW杯を前に監督不在の緊急事態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加