プリスコバ敗退「驚きない」

プリスコバ敗退「驚きない」

  • tennis365
  • 更新日:2020/01/25
No image

3回戦で敗れたプリスコバ : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日に女子シングルス3回戦が行われ、第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)は第30シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-7 (4-7), 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、4年連続4度目のベスト16進出とはならなかった。

>>フェデラーら全豪OP男子対戦表<<

>>ハレプら全豪OP女子対戦表<<

昨年の全豪オープンで4強のプリスコバはこの日、パブリュチェンコワに51本ものウィナーを決められるなど苦戦。2度のタイブレークを落とし、2時間25分で力尽きた。

会見では「彼女(パブリュチェンコワ)は今日とても良いテニスをした。これまでの対戦でも恐らくベストだったのではないか。私は40パーセントくらいだった。チャンスはあったけど、特に大事な場面で彼女はいつもいいサービスを打ってきた。第1セットも第2セットも。彼女は私より良いテニスをしていた」と振り返った。

また、第3シードの大坂なおみ、第6シードのB・ベンチッチ(スイス)、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)らも3回戦で敗れていることについて聞かれると「ほかの番狂わせについては考えていない。それがこの大会で起きていること。1つの番狂わせもない週はない」と自身の見解を示した。

「これまで200万回もあったと思う。その日の流れによるのでは。もちろんランキングの低い選手はベストのプレーをしようと思っている。そうやってプレーしてくるし、失うものは何もなく向かってくる。私にとっては、こんな番狂わせは驚きでもない。昨日の試合だろうが、今日の私だろうが。テニスというスポーツには、そんなことは普通のことだと思う」

勝利したパブリュチェンコワは2年連続3度目の全豪オープンベスト8進出をかけて、4回戦で第17シードのA・ケルバー(ドイツ)と対戦する。ケルバーは3回戦で世界ランク102位のC・ジョルジ(イタリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第6シードのB・ベンチッチが第28シードのA・コンタベイト(エストニア)にストレートで敗れ、姿を消している。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界131位は初決勝ならず
モンフィス 2年連続ベスト4へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加