テスラが0-60mphの加速は3.5秒、最高速度145mphを実現した新型電気自動車「Model Y」を北米で販売開始

テスラが0-60mphの加速は3.5秒、最高速度145mphを実現した新型電気自動車「Model Y」を北米で販売開始

  • @DIME
  • 更新日:2020/03/25
No image

テスラは、ミッドサイズSUVの新型電気自動車「Model Y」の納車を北米にて開始した。

Model Y は大人 7 人が搭乗して 7 人分の荷物を積める十分な広さがあり、トップクラスの航続距離、優れたパフォーマン ス、そして先進技術を搭載。

No image

高効率パワートレインとレスポンスの極めて高いモーターにより、どのような路面 状況でも優れたハンドリングを発揮し、0-60mph 加速はわずか 3.5 秒、最高速度は 145mph に達する。

Model Y のロ ングレンジモデルは 1 回の充電で最高 316 マイル EPA 値(約 508km)走行でき、Model Y のスタンダードバッテリーで は 230 マイルの航続距離が可能。

車内では Model Y のパノラマガラスルーフや高いシート設定により、スペースのある空間と車両のどの席からでも広大な 視界が開ける。

No image

フロントのトランクと分割・折り畳み式の 2 列目シートには、計 66 立方フィート(1.9 立方メートル) という収納スペースがある。

Model 3 同様、Model Y もキーが必要ない。代わりにスムーズに乗り降りするためにスマートフォンに接続。

車両のコントロールを全て行なえる 15 インチタッチスクリーンインターフェー スが車内に備わっている。

Model Y では、Tesla のモバイルアプリに接続して、リモートロック解除、サモン、事前のリ モートエアコン制御、ロケーションの追跡、速度制限モードなどのユニークで簡単にアクセスできる機能が備わっている。

No image

Model Y は、最も安全なミッドサイズ SUV となるべく設計。電気自動車として一から設計された、低重心、 高剛性構造と大きなクランプルゾーンによって、圧倒的な保護性能が発揮。

市場にある他の電気自動車よりも少な い電力で長距離を走行することができるというように、空力設計とトップクラスのバッテリー技術により電力使用量の面においても高効率を達成。

Model Y は、最高 1,000 マイル走行分まで 1 時間で充電できる Tesla の新型 V3 スー パーチャージャーにも対応している。

Model Yの日本導入時期は未定となっている。

車両価格

No image

スタンダードレンジ:発売時期 2021 年予定
ロングレンジ :52,990 US ドル〜
パフォーマンス :60,990 US ドル〜

関連情報:https://www.tesla.com/ja_jp/models

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「マスク在庫速報」に消毒液も追加、新型コロナ対策に強い味方
米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上
マイクロソフトがEdge Zones for Azureを発表
やる気スイッチが具現化!時間の使い方を見える化してやる気を後押しするボタン型IoTデバイス「kotobo」
ストレージ容量は最大2TB! USB-Cハブ機能も備えたSSD「HybridDrive」が便利そう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加