エヌビディア、新プラットフォーム発表...「レベル5」の完全自動運転が可能

エヌビディア、新プラットフォーム発表...「レベル5」の完全自動運転が可能

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

エヌビディアの完全自動運転向け新プラットホーム、「DRIVE PXペガサス」

米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)は10月10日、「レベル5」の完全自動運転を可能にする新プラットフォームを発表した。

この新プラットフォームは、「DRIVE PXペガサス」と命名。従来の「DRIVE PX 2」の10倍以上のパフォーマンスを備えており、1秒間に320兆回以上の動作を可能にする。

DRIVE PXペガサスは、ステアリングホイールやペダル、ミラーが装備されず、リビングルームやオフィスにいるような感覚が特徴の完全自動運転車のための新プラットフォーム。高齢者や障害者を含むすべての人に、移動の自由をもたらす。

このシステムでは、高解像度の360度のサラウンドカメラとLiDAR(ライダー)を使用して、車両の周囲を認識。車両を正確に動かし、車両や車の周りの人々を追跡。目的地まで安全で快適なルートを計算する。

なお、DRIVE PXペガサスは2018年後半、エヌビディアの自動車パートナーに対して、供給を開始する予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
稼ぐなら"自分の会社"をつくって節税せよ
データ改ざんで揺れる神戸製鋼「解体論」の現実味
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加