死ぬまでに一度はやってみたい旅行体験と泊まってみたい宿泊施設

死ぬまでに一度はやってみたい旅行体験と泊まってみたい宿泊施設

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

死ぬまでにやりたいことはいくつあるだろうか。今回、世界最大級の宿泊予約サイトHotels.comは、旅行に関する「バケットリスト(死ぬまでにしたいこと)」の調査結果を発表した。

No image

調査の結果によると、一般的な観光名所を巡るために旅のプランを立てるのは、もはや過去の話かもしれない。なかでもミレニアル世代のバケットリストでは、異文化を体験する旅、自分探しの旅、新しい何かを学ぶ旅、あるいは雄大な自然と出会う旅といった内容が多くを占めた。ミレニアル世代は一般的に消極的志向だと言われることもあるが、今回の調査では、異なる結果となった。また、誰とバケットリストを達成したいかという質問に対し、意外にも約半数の人(40%)が、両親か祖父母と達成したいと回答した。これは有名人(11%)、兄弟/姉妹(28%)または一人旅(25%)よりも高い数値。ミレニアル世代は、人生の先輩たちとのコミュニケーションを重視し、バケットリストを両親や祖父母と叶えたいと考える人が多いことが予測される。

そのほか、その土地ならではのストリートフードを食べる(33%)、新たな言語やスキルを学ぶ(33%)、知らない通りを探検する(35%)といった旅は、エッフェル塔や万里の長城を巡る一般的な観光旅行よりも高い割合でバケットリスト入りを果たした。また、10人に1人以上の世界の旅行者が、フィンランドのラップランドでサンタに会う(14%)、パルクールの技を学ぶ(12%)、ドラッグ・クイーンのショーを観る(10%)、落書きアートを実際に描いてみる(11%)といった、一風変わった体験をバケットリストに含めた。

なお日本人の場合は、自由の女神を訪れる(26%)、マチュピチュに登る(25%)といった、観光名所を巡る旅についても比較的関心が高いことがわかった。とはいえ、日本人回答者も、スカイダイビングをする(28%)、有名人とパーティーをする(21%)、シャークダイビングをする(18%)など、ユニークなアクティビティーが一定の人気を集めていた。

<死ぬまでに一度はやってみたい体験トップ5>

No image

<死ぬまでに一度は泊まってみたい宿泊施設トップ10 >

No image

★世界が注目!おしゃれおばあちゃんのバケットリストを叶える旅をHotels.comがサポート!

ファッショニスタおばあちゃんインスタグラマーとしてグローバルに活躍するバディー・ウィンクルは、Hotels.com Rewardsを利用して、「バッドアス(大胆不敵な人の意味)・バケットリスト・ツアー」を実施した。バディー・ウィンクルは、現在89歳だが、その個性的でセクシーなファッションと、彼女が発信する、人生は一度きり、だから自分らしく今を楽しもうというポジティブなメッセージは、世界中の人たちを魅了し、インスタグラムのフォロワーは、330万人を超えている。バディー・ウィンクルは、この旅で10の「バケットリスト」を達成した。

No image
No image

バディー・ウィンクルは、この旅について以下のように語っている。「Hotels.comとのバッドアス・バケットリスト旅行で、私は、長年の夢を叶えることができました。グランドキャニオンの上空を飛んでみたり、ブラジルで男の子たちをからかってみたり、ムーランルージュで靴を勢いよく脱ぎ捨ててみたりといった経験は私にとって一生の宝物です。」

<バディー・ウィンクルの10の「バケットリスト」>
1.ナイアガラの滝で川下り
2.ニューヨークのルーフトップバーでバッドアス・カクテルを飲む
3.アメリカンフットボールチーム、ダラス・カウボーイの本拠地でタッチダウンを決める
4.グランドキャニオンをヘリコプターで横断
5.リオデジャネイロでサンバ・クラスに参加する
6.イパネマ・ビーチでセクシーなバレーボール選手で目の保養をする
7.ロンドンのバーミンガム宮殿でハリー王子をお持ち帰り
8.パリのムーランルージュで魅惑のパフォーマンスを堪能
9.ダブリンの伝統的なアイリッシュパブで歌って踊ってお酒を楽しむ
10.ロンドンのゲイバーG-A-Yでナイトライフを楽しむ

バディーのバケットリスト旅行の様子は、Hotels.comのインスタグラムまたは、youtubeで見ることができる。

【調査概要】
28カ国、6788名の成人を対象に2017年9月にOnePollが実施

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
凍える都心「大雪」への対応、ブラック企業の場合は?
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
【ビデオ】走れても止まれない!! 雪道のノーマルタイヤの危険性をJAFが公開中!!
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加