ベンゼマが仏大統領の批判に反応 代表復帰希望も明かす「招集を願っている」

ベンゼマが仏大統領の批判に反応 代表復帰希望も明かす「招集を願っている」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

オランド大統領の批判に反応したベンゼマ [写真]=NurPhoto via Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が18日に行われ、レアル・マドリード(スペイン)とレギア・ワルシャワ(ポーランド)が対戦。レアル・マドリードが5-1と大勝し、2勝1分けの勝ち点「7」とした。

試合後、レアル・マドリードのフランス人FWカリム・ベンゼマがコメント。同国のフランソワ・オランド大統領から批判を受けた件について言及した。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

昨年10月、フランス代表の同僚であるMFマテュー・ヴァルブエナ(リヨン)に対する恐喝事件への関与を疑われ、フランスサッカー連盟(FFF)から代表招集の見送りを言い渡されたベンゼマ。約1年が経過したが、依然として代表には招集されていない。

そして今月、オランド大統領が自身の著書において「ベンゼマはプロを目指す子どもたちの良き模範ではない。彼がやったことは、道徳に反する行為だ」と批判していることが報じられた。

ベンゼマはフル出場を果たしたレギア・ワルシャワ戦後、「自分はサッカーをして人々を楽しませてきたし、母親からしっかりと教育を受けてきた」とコメント。「クラブは選手たちのプレーだけではなく、彼らの内面的な部分に対しても指導していかなければならない」という大統領の批判に反応した。

そしてベンゼマは「代表?様子を見ているよ。まずはクラブで良い試合をしなければいけない。再び招集されることを願っているけど、切迫した欲求があるわけではない。代表復帰は自分にとって重要なことだけど、今は呼ばれていないということだよ」と、将来的な代表復帰を希望していることを明かしつつ、焦りはないと話した。

レアル・マドリードは次戦、23日のリーガ・エスパニョーラ第9節でアスレティック・ビルバオと対戦。CLの次節は11月2日、レギア・ワルシャワとアウェーで対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップ 元教え子セスクを無視
NFL、各チームによるSNS投稿ポリシーを緩和
終了間際に痛恨の失点...逆転負けのリバプールが12戦ぶり今季2敗目喫す
5試合ぶり出場の本田、FKで逆転弾起点に。ミランが昇格組下し連勝
リバプール、リードするも土壇場で逆転許し敗戦。公式戦無敗記録は15でストップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加