歴史を繰り返したいリヴァプール、新たな歴史を作るシティー

歴史を繰り返したいリヴァプール、新たな歴史を作るシティー

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/01/12
No image

ここまでリーグ戦22試合を終え、未だ無敗。2位に15ポイント差をつけ、首位を独走するマンチェスター・シティー。無敵の強さに、優勝争いについての議論は尻すぼみとなり、最近の話題はもっぱら“どこがシティーを止めるのか?”だ。

現地では、アーセナルが2003/04シーズンに達成して以来となる無敗優勝を期待する声も上がっているが、グアルディオラ監督は「いつかは負けるよ」と偉業達成には否定的。では問題は“いつ負けるのか”だが、歴史にヒントを求めると、シティーが初黒星を喫する可能性が高いのは、このリヴァプール戦なのだ。

まず、今週末に試合が行われるのはリヴァプールのアンフィールドだが、シティーはこのスタジアムをかなり苦手としており、なんとアンフィールドでのリーグ戦ここ14試合で勝てていない。加えて現在4連敗中で、最後に勝ったのは2003年の5月と、およそ15年前まで遡る。

そして、今シーズン1度目の対戦では、マネの退場などもあり、シティーが5-0での大勝を収めた。仮にシティーがこの試合に勝てば、リーグ戦での“ダブル”達成となるが、シティーが最後にリヴァプールにダブルを達成したのは1936/37シーズン。それ以降、80年以上もダブルはない。

さらに、リヴァプールは現在リーグ戦3連勝中。4連勝となれば、昨季の12月に達成して以来となるが、その時に4連勝目を達成した時の相手がマンチェスターCだったのだ。

ここまで様々な条件が揃うと、今回も歴史が繰り返されそうだが、その一方で今季のシティーが連勝記録や無敗記録などを次々と更新し、新たな歴史を作ってきた事も忘れてはならない。

ついでにもう1つ歴史を振り返ると、先日、シティーのケヴィン・デブライネが幼い頃に受けたインタビューの映像が発見された。「僕の好きなチームはリヴァプールさ。好きな選手はマイケル・オーウェンで、あそこでプレーしたいね!」健気に答えるケヴィン少年は、今週末、夢に見た舞台でプレーする。チームこそ逆かもしれないが、憧れのチームを相手に、大好きだったアンフィールドで歴史的な勝利に貢献出来れば、ケヴィン少年だって、自身の未来にきっと満足するに違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井手口が念願の欧州デビューも...チームは接戦を落として降格圏が眼前に
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
30m超“芸術的スルーパス”の森岡亮太に賛辞止まず ベルギー紙「最高の“10番”」
ユーベが狙う北朝鮮FW、移籍金は“アジア史上最高”クラスの40億円も?
美人モデルランナーも完走!西谷綾子「天気もよくて、思い切って走れました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加