センチュリー、ドライブごとに独立したeSATA端子を持つ4ベイHDDケース

センチュリー、ドライブごとに独立したeSATA端子を持つ4ベイHDDケース

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

センチュリーは18日、4ベイHDDケース「裸族の4 in 1ルーム」(CRPR35E4U3IS)と、eSATA-USB変換アダプタ「eSATA活してUSB3.0」(CCA-ESU3)を発表した。10月下旬から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格(税込)は「裸族の4 in 1ルーム」が24,800円前後、「eSATA活してUSB3.0」が2,480円前後。

裸族の4 in 1ルーム

No image
No image
No image

裸族の4 in 1ルーム

「裸族の4 in 1ルーム」は、HDDを4台まで内蔵できるHDDケース。各ドライブにそれぞれ1基のeSATAインタフェースを備えており、PCとHDDを1対1で最大4台まで接続可能。収納ドライブごとにWindowsとMac OS Xなどを分けて接続することもできる。電源もドライブごとに独立しており、電源のオンオフを個別に制御可能。

HDDの冷却用に60mmファン×2基を背面に搭載。同時発売予定のeSATA-USB 3.0変換アダプタ「eSATA活してUSB3.0」が同梱されており、これを使うことでUSB接続もサポートする。

インタフェースはデバイス側がSATA 6Gbps、ホスト側がeSATA(6Gbps対応)×4基。本体サイズはW130×D260×H185mm、重量は約3,000g。対応OSはWindows Vista 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.7.5以降。

eSATA活してUSB3.0

No image
No image
No image

eSATA活してUSB3.0

「eSATA活してUSB3.0」は、eSATAインタフェースをUSB 3.0に変換するためのアダプタ。「裸族の4 in 1ルーム」に同梱されているものと同一だ。パワーLEDとアクセスLEDを搭載し、通電時の状態を把握しやすい。

インタフェースはデバイス側がeSATA、ホスト側がUSB 3.0。本体サイズはW28×D50×H13mm、重量は約20g。対応OSはWindows Vista 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.7.5以降。eSATAポートマルチプライヤ対応のeSATA HDDはサポートしない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
SSDの低価格化傾向が弱まり価格上昇局面に突入する危険性が指摘される
自宅の部屋でも「ポルシェサウンド」を楽しめるポルシェデザインのスピーカー「911 Soundbar」
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
一括648円!ドコモの格安スマホ「MONO」、いよいよ9日に発売

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加