34歳の山中慎介「年齢関係ない」右ジャブを改良へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

先月16日に国内歴代2位タイとなる11度目の防衛を果たしたWBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が17日、都内の所属ジムで練習を再開した。休養期間中の今月11日に34歳を迎えたが、V11戦では得意の左で4度のダウンを奪うなど、3試合ぶりのKO勝ちで健在ぶりを証明。「ああいう試合直後に誕生日を迎えられて気分が良い。アスリートとして年を取るのはうれしくないが、イチローさんのような例もある。年齢は関係ないと実感した」と笑みを浮かべた。

次戦は未定も、約1時間のメニューでは右手の使い方を意識。V11戦でガードを上げた状態から放つジャブに手応えをつかんだとし「相手が見えづらそうにしていたし、試合中に当たる感覚に気づいた。返しの右フックの修正とともに、これから練習していきたい」とテーマを掲げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阿部一二三がV 東京期待のホープ、夢は五輪V4
永瀬貴規がV 練習不足不安も井上監督ゲキに応える
新たなスター誕生か?新日本プロレスの“TIME BOMB”高橋ヒロムが1・4ドームに凱旋帰国
タキシード姿のベイカー茉秋、司会者から「すてき」
M-1、名物審査員が復活 松本、上沼、巨人…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加