長期収容で「うつ病」発症、嘔吐を繰り返し体重20kg減の被収容者を牛久入管が放置

長期収容で「うつ病」発症、嘔吐を繰り返し体重20kg減の被収容者を牛久入管が放置

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2019/12/05

◆うつ病で水も飲めない被収容者が治療を希望しているが、入館は拒否
ダヌカさん名義のパスポート。スリランカ大使館は、これが間違いなく本人のものだと認定している 本当に、このままでは死んでしまう。
 70kgあった体重が50kgになるほどに、食べては吐くことを繰り返している外国人が放置されているのだ。
 法務省の出入国在留管理庁入管庁(以下、入管庁)の収容施設の一つ、「東日本入国管理センター」(茨城

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加