複数人で同時にVTuber配信が可能に、ドワンゴの新VR生放送プラットフォーム

複数人で同時にVTuber配信が可能に、ドワンゴの新VR生放送プラットフォーム

  • BCN RETAIL
  • 更新日:2018/04/17

日本最大の動画サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは、新たなVRライブ配信プラットフォームとしてインフィニットループと共同で開発した「Virtual Cast(バーチャルキャスト)」の提供を4月13日に開始した。

No image

「Virtual Cast」では仮想空間で3Dキャラクターになりきってライブ配信できる

誰でも気軽にVTuber

「バーチャルキャスト」では、VRゴーグルを装着した配信者が、VR空間内のスタジオでリアルタイムに視聴者とコミュニケーションがとれるサービス。VR空間では、配信者はアバターとなる3Dキャラクターの姿で表示される。アバターは配信者の動きにあわせて動くので、好きなキャラクターになりきって生放送を配信できる。ニコニコ動画の特徴である、視聴者参加型コンテンツとしての機能も備える。視聴者が生放送中の動画にコメントを送ると、その内容がスタジオ内にオブジェクトとして登場する。オブジェクト化したコメントは、配信者がつかんだり動かしたりできるため、視聴者も生放送に参加している感覚で楽しめる。公開中の他配信者のスタジオに飛び入り参加できる「凸機能」を活用することで、遠隔地のユーザーと同じVR空間内でコミュニケーションをとることができる。

No image

「凸機能」で他配信者のスタジオに飛び入り参加できる

なお、キャラクターになりきって配信するには、ニコニコ生放送などの配信プラットフォームを別途利用しなければならない。これまではサービスやアプリごとにアバターのデータを調節する必要があったが、ドワンゴが無償で公開している「VRM」形式で作成すれば共通して利用できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazon「Fire TV Stick」にBluetoothデバイスを繋いだらPCが不要になった
iPhoneをバージョンアップさせる便利なアクセサリー12選
iOS「メモ」アプリ徹底使いこなし(5) - 紙を読み込みPDF化するスキャン機能の使い方
テレビやネットを1人占めできるパナソニック「プライベート・ビエラ」に新モデル登場
ちょうどいいサイズかも!?機能を凝縮したコンパクトな「PRO TREK」が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加