皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される

皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/01/23
No image

アメリカや欧州などで現地時間の20日夜から21日未明にかけて皆既月食が観測されました。この皆既月食は赤く染まって見えるため「スーパーブラッドウルフムーン」と呼ばれて話題になりましたが、その最中にいん石が月にぶつかり、多くの人に観測されています。

A meteorite hit the moon during yesterday's total lunar eclipse | New Scientist

https://www.newscientist.com/article/2191526-a-meteorite-hit-the-moon-during-yesterdays-total-lunar-eclipse/

月にいん石がぶつかる様子は以下のムービーから確認できます。

Impact on the Moon during the Jan.21 lunar eclipse - YouTube

皆既月食の様子はストリーミング配信され、世界中の多くの人が見ていました。以下はMIDAS(Moon Impacts Detection and Analysis System)の研究チームによって捉えられた映像。

No image

月の表面、矢印で示されている部分は、ムービーでずっと暗い状態でしたが……

No image

世界時の午前4時41分38秒、ムービーでいうと開始から5秒あたりでチカッと光がともります。

No image

全体的に見るとこんな感じ。

No image

光が瞬いたのはわずかな時間でしたが、これを発見した人が「月にいん石が衝突したのではないか?」と海外掲示板のredditにスレッドを立てます。そしてスペインにあるウエルバ大学の研究者・Jose M. Madiedo氏がこの現象をいん石の衝突であると確認したとのこと。Madiedo氏ら研究者は長年月食中のいん石衝突を観測したいと考えてきましたが、これまではその明るさから観測が難しかったそうです。2014年にも月面にいん石が衝突する様子は観測されていますが、月食中ではありませんでした。

望遠鏡の数を2倍にして皆既月食観測に臨んだMadiedo氏らは、「今回はいける」という予想を持っていたとのこと。そして月食後にソフトウェアが自動的に光があった場所を特定したといいます。Madiedo氏らはまだいん石のサイズを正式に計算していませんが、だいたいアメリカンフットボールぐらいの大きさで、重さは2kgほどだったとみています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
X線画像化技術を使用した3D分析で、世界最古の動く生物の化石を英研究チームが発見
18歳の池江璃花子選手も... 白血病になぜ「抗がん剤」が効くのか
「冥王星」が発見されて90年。解明されつつある真の姿と「トランスサタニアン」の神秘の世界
【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
サイクロン ニューカレドニアに接近中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加