中国で高齢者教育が盛ん、生涯学習センターが6万2000カ所に―中国メディア

中国で高齢者教育が盛ん、生涯学習センターが6万2000カ所に―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/04/17
No image

中国で高齢者教育が盛ん、生涯学習センターが6万2000カ所に―中国メディア

中国の生涯学習は政府が社会に提供する公共サービスとして、党・政府部門が設立・運営するシニア大学を主体としたユニークな発展の道を歩み始めている。写真は中国の高齢者。

上海で4月11日と12日に開催された「2018年高齢者教育(生涯学習)国際学術交流活動」において、高齢者社会が加速し続けるのにともない、生涯学習の発展の経路や管理方式は、国によって異なるモデルを見せ始めていることが明らかになった。中国の生涯学習はすでに政府が社会に提供する公共サービスとして、党・政府部門が設立・運営するシニア大学を主体としたユニークな発展の道を歩み始めている。人民日報が伝えた。

中国は2017年、すでに世界で高齢者人口が最多の国家となっており、60歳以上の人口は2億4000万人、総人口の17.3%を占めるまでとなっている。現時点で、全国を網羅する生涯学習システムの枠組みはほぼ完成しており、810万人以上の高齢者が6万2000カ所の生涯学習センターで学び、1000万人以上がコミュニティー教育や遠隔教育など各種スタイルを通じて学んでいる。

上海だけを見ても、各種シニア大学(学校)で学ぶ60歳以上のシニア学生の総数は50万人を上回っている。生涯学習が基底コミュニティーまで浸透を続けていくのにともない、上海で各種学習グループの活動に参加している高齢者も60万人に上っている。「人」を基本とした学習内容と、改善を続ける学習環境のおかげで、上海では生涯学習センターで学ぶシニア学生が増加し続けている。2020年には上海全市の高齢者人口の5分の1が生涯学習センターで学ぶことになると見込まれている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
手荷物検査なしの新幹線「日本人は警戒心がないと思ったら、そうじゃなかった」=中国メディア
台湾人に大人気のドイツの「China Oil」、でもドイツ人に人気なのは台湾で普通に売っているあれだった―中国メディア
日本の100円ショップ製品から発がん性物質、中国でも注目=「日本製がますます駄目に」「日本と中国の差は...」
中国人団体客が消えた韓国・済州島の現状=韓国ネット「日本や東南アジアに行った方がマシ」「量より質が高まりますように」
90年代に活躍した日本のバイク、中国はいまだにコレを抜くバイクを作れない!=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加