最新ランキングをチェックしよう
杉谷拳士が振り返る、帝京vs智辯和歌山「たった1球の敗戦投手」

杉谷拳士が振り返る、帝京vs智辯和歌山「たった1球の敗戦投手」

  • Sportiva
  • 更新日:2017/08/11

100年以上の歴史を誇る夏の甲子園で、名勝負と呼ばれるものはたくさんある。「甲子園史上最も壮絶な試合」と言われる2006年の帝京(東京)対智辯和歌山(和歌山)もそのひとつだ。最終回、もつれにもつれた強豪校同士の一戦のカギを握っていたのは帝京の1年生ショートだった。 現在、北海道日本ハムファイターズで活躍する杉谷拳士は『敗北を力に! 甲子園の敗者たち』(岩波ジュニア新書)で2006年夏の戦いについて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
あのマーク、座席シートにクッキリ浮かぶ
「ラブホテル化」してない?お家デートに飽きないカップルってやっぱり最強
[今週のナタリー]今年の夏は「Lemon」花火
「日本旅行から両親が帰国した...スーツケースいっぱいの“おみやげ”がこれだった」
新入りネコがソファ下から出てこないので、缶詰でおびき出そうとしたら...(6秒)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加