最新ランキングをチェックしよう
杉谷拳士が振り返る、帝京vs智辯和歌山「たった1球の敗戦投手」

杉谷拳士が振り返る、帝京vs智辯和歌山「たった1球の敗戦投手」

  • Sportiva
  • 更新日:2017/08/11

100年以上の歴史を誇る夏の甲子園で、名勝負と呼ばれるものはたくさんある。「甲子園史上最も壮絶な試合」と言われる2006年の帝京(東京)対智辯和歌山(和歌山)もそのひとつだ。最終回、もつれにもつれた強豪校同士の一戦のカギを握っていたのは帝京の1年生ショートだった。 現在、北海道日本ハムファイターズで活躍する杉谷拳士は『敗北を力に! 甲子園の敗者たち』(岩波ジュニア新書)で2006年夏の戦いについて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAドラ8・楠本“プロ1号”は人生初劇弾「たまたま芯に当たった」
広島は19歳左腕、巨人はドラ1野手...12球団“次なる新星”は誰?
ソフトBが新兵器テスト AIで動作解析 27、28日練習試合で
2月24日(土)【 神々の子育て占い 】
大谷25日早朝デビュー戦 NHKBS1が生中継
  • このエントリーをはてなブックマークに追加