広島ついにM1、バティスタ3打点&松山2打点 阪神が負けず連覇はお預け

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15

16、17日のヤクルト2連戦で1991年以来の本拠地Vへ

広島は14日、本拠地マツダスタジアムでのDeNA戦に5-4で勝利した。同点の8回にバティスタが勝ち越し犠飛。この日は、ソロ本塁打を含む2安打3打点の活躍だった。松山も一発を含む3安打2打点と躍動。阪神が敗れれば連覇決定だったが、敗戦は免れたため、お預けとなった。

広島は2回、松山の右中間へのソロ本塁打で先制。さらに、1死三塁の好機でバティスタがレフトへ弾き返し、追加点を奪った。

しかし、先発ジョンソンは直後の3回に1死から3連打で満塁とされると、ロペスにも2点打をレフトに運ばれ、4連打で同点とされる。さらに、宮崎は犠飛。逆転を許した。

それでも、広島はその裏に2死三塁の好機で松山がタイムリー。すぐに同点に追いつく。さらに、4回にはバティスタが右中間スタンドへ運ぶソロ本塁打。勝ち越しに成功した。

ジョンソンは4回以降は無失点。7回からは一岡がマウンドに上がったが、先頭・倉本に三塁打を浴びると、1死から柴田にレフトへの犠飛を許し、同点に追いつかれた。

8回、今村は無死満塁のピンチを背負うも、乙坂、後藤、倉本を打ち取り無失点。すると、その裏に1死満塁と好機を作り、バティスタがライトへライナーを放つ。これは梶谷がスライディングキャッチ。しかし、丸がタッチアップで生還して勝ち越し点を奪った。

9回は守護神・中崎がピンチを背負うも無失点で締めて勝利。16、17日のヤクルト2連戦で1991年以来の本拠地Vを目指す。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ロッテ新監督井口一本、勝てるかつ人気&実績で決断
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加