さくらインターネットとエブリセンス、IoTデータの相互利用の検討を開始

さくらインターネットとエブリセンス、IoTデータの相互利用の検討を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

さくらインターネットとEverySense(エブリセンス)は10月17日、IoT分野における協業を発表。さくらインターネットが開発中のIoTプラットフォーム「さくらのIoT Platform」と、エブリセンスのデータエクスチェンジプラットフォームの接続により、IoTデータの相互利用メカニズムの検討を開始した。

No image

「さくらのIoT Platform」とエブリセンスの「データエクスチェンジプラットフォームの接続」概念図

エブリセンスは、2014年よりIoT領域におけるデータ仲介事業者として、データ流通経済創出に向けたIoTマーケットプレイスの準備を進めており、2016年10月より商用サービスを開始した。

さくらのIoT Platformと、エブリセンスの顧客との間でのデータ流通を相互接続し、より容易かつ低コストで顧客のIoTデータの価値化、高付加価値サービスの実現をサポートする。

これにより、さくらのIoT Platformを利用している顧客は、自らが展開するIoT機器の生み出すデータをさくらのIoT Platform外で他者に提供することにより、あらたな価値の獲得が可能となるほか、他のIoTプラットフォーム利用者からの提供データとの組み合わせによる高い付加価値サービスへの展開も可能となるという。

今後、両社は、技術的・営業的な課題を解決するために検討を進め、2016年度末を目標にサービスの連携を進めていくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今週、話題になった新製品は?1週間分の新製品情報をおさらい
飛行機から撮影された「雲を突き抜ける謎のポール」! 高さ1400メートル以上、月と地球を繋ぐコードか?
Bluetoothスピーカーでヤバい音声が流れる悲劇を回避する方法
ショルダー、トート、リュックで使えるMA-1素材の3WAYビジネストート
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加