トヨタ、「空気清浄」機能付き看板を製作 東京、大阪、名古屋に出現

トヨタ、「空気清浄」機能付き看板を製作 東京、大阪、名古屋に出現

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/14

トヨタ自動車は2017年11月10日、同社が実施している「エコ」プロモーションの概要を発表した。

No image

乗用車約5840台分相当の空気清浄効果

トヨタは17年9月29日~18年9月28日の期間、周囲の空気を清浄する機能を持つ屋外看板(全長合計264平方メートル)の設置をする。

水素を燃料にしたエコな燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」のプロモーションの一環で行われ、同車の「環境に優しい」というブランドイメージを消費者に印象付けることを狙う。

看板は、有害な微生物や化学物質を分解・除去する「光触媒」でコーティングされており、大気中の有害物質などを吸着し空気をキレイにする。1年間の設置で、乗用車約5840台の排出量に相当する窒素酸化物(NOx)を排除する効果を持つという。

東京・大阪・名古屋の3都市で実施。詳しい場所は以下を参照。

■東京
首都高速環状線・首都高速2号線:フォレシティ麻布十番弐番館
住所:東京都港区三田1-1-18

■名古屋
錦通 不二ビル
住所:愛知県名古屋市東区葵3-18-22

■大阪
阪神高速環状線 メゾン日月
住所:大阪府大阪市中央区瓦屋町1-14-3<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
要らぬなら殺してしまえ「完成規則」
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加