萩尾望都を芸術新潮で大特集!表紙は描き下ろし、アトリエやクロッキー帳も公開

萩尾望都を芸術新潮で大特集!表紙は描き下ろし、アトリエやクロッキー帳も公開

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/06/25

本日6月25日発売の芸術新潮7月号(新潮社)では、萩尾望都の特集が組まれている。

No image

芸術新潮7月号

表紙には、萩尾描き下ろしによる「ポーの一族」のエドガーとアランが登場。中面では萩尾のアトリエ兼自宅が公開されているほか、創作のもとになる初公開のクロッキーブックがお披露目されている。また萩尾の作画術に迫るロングインタビューも。さらに1993年に伊勢神宮の式年遷宮を記念して上演された舞台「斎王夢話」の脚本が7月に「斎王夢話 新装版」として刊行されるにあたり、その一部が抜粋して掲載された。イギリス・ロンドンの大英博物館にて開催されている日本のマンガをテーマにした展覧会「The Citi exhibition Manga」に、萩尾がゲストとして招かれた際のレポートも見ることができる。このほか、萩尾作品の愛読者である小野不由美の寄稿「神域」も登場した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小林銅蟲を相手に「カルマのハナシ」ゲストはナクヤム、たいぼく、消極、風見2
アプリで出会った女教師と女子高生を描く「割り切った関係ですから。」1巻
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...」2020年TVアニメ化
また会えたね!250万乙女に捧ぐりぼん特別展を詳細レポ、原画も付録も大集合
ポケモンGOのポケストップに「ONE PIECE」の麦わらの一味が登場、着せ替えアイテムも追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加