最新ランキングをチェックしよう
平成史 用語の変化5 気象衛星「ひまわり」の進化

平成史 用語の変化5 気象衛星「ひまわり」の進化

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2019/03/25

2019/03/25 01:44 ウェザーニュース天気予報でおなじみの気象衛星「ひまわり。」現在、運用中はひまわり8号ですが、平成が始まった頃は、ひまわり3号の運用中でした。ちょうど平成が開始される昭和64年1月5日、毎時のフルディスク観測(全球観測)が始まりました。(北半球の毎時観測は昭和62年開始)ひまわり3号は毎時観測を行うようになった最初の「ひまわり」だったのです。急発達する積乱雲の監視等

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冨士色素、全固体型のアルミニウム-空気二次電池の開発に成功
犬のワクチン!予防接種の時期や回数、種類や値段、注意点まで【獣医師執筆】
再生医療の未来に光!イスラエルの大学の研究チームが細胞を備えた世界初の3D心臓制作に成功
史上初めて捉えられたブラックホールの画像、地球から5500万光年
ついに世界初のマラリア・ワクチンが接種開始...アフリカの3か国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加