ピエモンテ郷土料理紀行! Bagna cauda

ピエモンテ郷土料理紀行! Bagna cauda

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/12/09
No image

気温がマイナスの世界に突入したピエモンテ州で、是非食べていただきたい料理。
それは、ズバリ Bagna cauda (バーニャカウダ)!
バーニャカウダにまつわる秘話は、ニュース&レポートをご覧くださいませ。
今回は、バーニャカウダに必須のお野菜について、ご紹介したいと思います。

No image

バーニャカウダにオフィシャルレシピがあるのはご存知ですか?
(次回は、オフィシャルレシピをご紹介しますよー。)

No image

旬野菜が主役のバーニャカウダ。
まずは生野菜から。

ニッツァ産の カルド ゴッボ! これがなくては始まりません。

No image

Topinambur (トピナンブール)菊芋です。これも必須!
(私の大好物な冬野菜のひとつ。お上品に設えてみたりして。)

その他、キャベツ、フィノッキオ(ういきょう)、ペペローニ(パプリカ)、チポロッティ(葉玉ねぎ)、スカローラ(チコリの仲間。葉野菜)

No image

温野菜としては、
茹でたじゃがいも、バルバビエートラ(ビーツ)。
玉ねぎ、パプリカはオーブンで焼き、皮を剥いたものを。

基本的には、その土地で採れた新鮮な野菜を使い、アレンジはシェフの意向によってバラエティーに富みます。新鮮で、色とりどりの野菜をたくさん摂取できるバーニャカウダは、健康を気遣う方にも理想的。地元の赤ワイン バルベーラと共に会話が弾みます。

日本では、バーニャカウダソースに生クリームやバターを大量に入れるお店もあるそうですが、本場のバーニャカウダはヘルシーそのもの。エキストラヴァージン オリーブオイルがメインです。少しこってりしているな。という場合は、ヘーゼルナッツやクルミオイル入りの場合がほとんどです。隠し味として仕上げにできたてのバターをほんの少し入れるお店もあります。

寒い冬には、ピエモンテ州で本場のバーニャカウダを是非ご賞味くださいませ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
食欲減退!クリスマスディナーに絶対食べたくないグルメが話題に。
人間用カリカリ!?「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」で猫気分♪
菓子の常識をぶっ壊した「茸のまんま」の続編!今夜のおつまみにぴったりな「コロッケのまんま」「海老焼売のまんま」
"日本一"のラーメン店が100円下げた理由
【朗報】「ペヤング カレーやきそばプラス納豆」予想以上にウマかった--ごま油ちょい足しで食べてくれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加