【MLB】マ軍ファンがジーターに「反逆」 100万人目指し署名活動も...現時点で83人!?

【MLB】マ軍ファンがジーターに「反逆」 100万人目指し署名活動も...現時点で83人!?

  • フルカウント
  • 更新日:2018/01/14
No image

マーリンズの新オーナーに就任したデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

主力大量放出でのチーム再建に不満が噴出、退陣を求めるファンが賛同者を募るも…

新オーナーに就任したデレク・ジーター氏らのもとでチーム再建を進めるマーリンズに対して、ファンが“反逆”を計画していると米ヤフースポーツが報じている。主力の大量放出で選手の総年俸を削減し、若手中心のチームへの移行を進めているが、その手法に続々と批判が噴出。チーム改革の結果が出るのは数年後になると見られるが、早くもジーターオーナーの手腕を疑問視する声もあがっている。退陣を要求するべく、ファンがインターネット上で賛同者を募り始めたものの…。

マーリンズは今オフ、昨季リーグMVPのジャンカルロ・スタントン外野手をヤンキース、4番としてチームを牽引したマルセル・オズナ外野手をカージナルス、不動のリードオフマンだったディー・ゴードン内野手をマリナーズへと放出。年俸の高い主力を放出し、代わりに若手有望株を獲得してチームを再建するのは、低迷するメジャー球団の常套手段だが、あまりにも急激な変化には波紋が広がっている。代わりに獲得した若手の質がそれほど高くないこと、経営が黒字化すれば最高経営責任者(CEO)のジーター氏に1年毎に億を超えるボーナスが入ることなどもあり、批判の声もあがっている。

チームの弱体化を不安視する選手は、自らトレードを志願。“新チーム”で主力となるはずだったJ・T・リアルミュート捕手、クリスチャン・イエリッチ外野手は不満を抱えており、キャンプインまでに放出となる可能性が高まってきた。また、スタントンのトレードでヤンキースから獲得したスターリン・カストロ内野手は、まだマーリンズのユニホームに袖を通していないにもかかわらず、すでにトレードを望んでいると報じられている。

そして、ついにファンも動き始めた。米ヤフースポーツは「マーリンズファンがデレク・ジーターとブルース・シャーマンへの反逆を計画」と題した記事を掲載。「デレク・ジーターとブルース・シャーマン率いる新オーナー陣に変わってから、マーリンズはまだ1試合もプレーをしていないが、すでにとあるファンが彼らへの反逆を計画している」と伝えている。

ファンの最終目標は「ジーター氏とシャーマン氏をオーナーの座から外すこと」

記事では、米メディアSBネーションが報じた内容について紹介。その中で「ニコラス・モンカリアーノというファンがジーター氏らの事業計画に反応するかたちで『プロジェクト・サンシャイン』という計画を立ち上げた。この動きはジーター氏らの動きに不満を感じるファンたちを結束することを目的にしているという」と言及している。

モンカリアーノさんは、嘆願への賛同者を募るサイトを立ち上げ、開幕までに100万人を集めることを目標に掲げている。「モンカリアーノ氏によるこの嘆願は、『南フロリダの人々とそのコミニュティのため集いましょう』と始まり、最終的な目標はジーター氏とシャーマン氏をオーナーの座から外すことだとしている」。“署名活動”で集まった不満の声を球団に突きつけ、ジーター氏らを退陣に追い込もうというのだ。

もっとも、記事では「だが、このゴールが達成されるかどうかという点には、もちろん懐疑的な見方をするべきだろう。ジーターやシャーマンが退陣することは、何か不測の事態が起こらない限りありえないだろう」とも指摘。そして、「『プロジェクト・サンシャイン』の中では試合観戦のボイコットも掲げられているが、すでにお粗末な観客動員数のマーリンズにとっては大きな影響を与えることもないだろう」と補足している。スタントンらを放出する前から観客動員に苦しみ続けるマーリンズに、観戦ボイコット程度では打撃を与えることは出来ないという。

現状に不満を持つマーリンズファンが存在することは確かで、ヤフースポーツは「つまるところ、モンカリアーノ氏や不満を感じているファンにはその声をあげる権利は存在している」としている。一方で、「これはジーター氏らのグループがファンからの信頼を得るためには、まだまだ長い道のりが残されているということでもある」とも分析。改革は始まったばかりだけに、今後、チームが劇的な復活を遂げるようなことがあれば、信頼を得られる可能性も十分にある。

なお、“署名活動”は現地時間1月6日にスタート。米ヤフースポーツはすでに30万人のサインが集まったと伝えているが、これは同じ「care2」というサイトで最も知られている介助犬救出活動で集まったもの。同サイトによると、実際に“ジーター退陣“のために集まった署名は、同12日現在でわずか83人にとどまっている。

ジーターオーナーはどんなゴールを見据えているのか。メジャー随一の名門ヤンキースでは、抜群のカリスマ性を兼ね備えたキャプテンとして、勝利を掴み続けてきただけに、今後の展開に期待したいところだが…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、交渉不調も動じず「3年前以上の覚悟で待つ」
動向未定の主な米FA日本人選手/一覧
イチロー 6球団接触中も日本復帰はあるのか?
【MLB】“ジーター改革”のマーリンズ、イエリッチも放出濃厚か「関係は修復不可能」
イチロー日本復帰なら古巣オリックスは受け入れ態勢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加