銀メダルの平野歩夢「全力でやれたと素直に思います」

銀メダルの平野歩夢「全力でやれたと素直に思います」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

スノーボード男子ハーフパイプのセレモニーで日の丸を広げる銀メダルの平野歩夢。右は金メダルを獲得した米国のショーン・ホワイト=平昌(共同)

「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

ソチ五輪に続いて銀メダルを獲得した平野歩夢(19)=木下グループ=は表彰式後、テレビインタビューに応じ、「すべての人たちに感謝しかないです」と柔らかな笑みを浮かべながら振り返った。

滑走順で10番目の平野が2回目のランで大技「ダブルコーク1440」を連続で決めて95・25をマークしトップに立っていたが、最終12番目の06年、10年五輪金メダリストのショーン・ホワイト(米国)が3回目に97・75を出して逆転で金メダルを獲得した。世界王者のスコッティ・ジェームズ(豪州)が1回目に92・00を出して3位だった。

目の離せない展開となった大会について、「楽しかったです。本当に最後の3人みんなで争って、順番もすごいいい並びというか、いままで一の大会でした」と振り返った。

2大会連続の銀メダルとなったが、「前回も銀メダルで上を目指すために4年間かけて練習してきたので、悔しさは残っていますが、自分ができる範囲の中では、できることは全力でやれたのかなと素直に思います」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
子にゃんこ達がケンカ。止めにきた母猫に素晴らしい愛情を見たと思ったら...。
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
150万円以下からのキャンピングカー生活!格安で始められる「軽キャンパー」6選
辺見えみり&松田賢二、離婚を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加