骨を強くする「ゴールデン・トライアングル」とは?

骨を強くする「ゴールデン・トライアングル」とは?

  • QLife
  • 更新日:2016/10/20

女性の約7割が「骨の健康」に不安

No image

「骨と関節の日(10月8日)」、「転倒予防の日(10月10日)」、「世界骨粗しょう症デー(10月20日)」など、骨に関する記念日が多い10月。しかし、日常生活のなかで、身体の中にある骨について意識することはそう多くないはずです。コツコツ骨ラボが、30~70代の女性1,000人を対象に行った「骨の健康に関する意識調査」では、骨の健康に不安を抱える人が多い一方、骨に関する知識不足も明らかになりました。

骨の健康に不安があると答えた人は、約7割。不安を感じ始めた年齢は平均47.8歳で、女性にとって50歳前後がお肌の曲がり角ならぬ、“骨の曲がり角”になっているようです。さらに、50歳以上になると、骨密度の低下が気になる人が6割を超え、「骨折しやすい」と答えた人も半数以上にのぼるなど、骨の健康にまつわる悩みは現実味を帯びてきます。

また、20代の頃と比べて身長が縮んだと感じる人は全世代の約半数。60代では65.5%、70代では76.5%と、年齢が上がるにつれて多くなっています。縮んだと感じる理由として、約7割が「年をとったため」と答えていますが、これは勘違い。2センチ以上縮んでいる場合は、骨粗しょう症などの疑いもあり、年のせいとは言い切れません。

骨の健康は、いくつになっても改善可能

このように骨の健康を心配する人が多い反面、対策を取っていると答えた人は26%と少数派。対策を取っていない理由として、「対策の取り方がわからない」が約4割、「年をとると、ある程度は仕方がない」が約3割と、知識不足や年齢によるあきらめの傾向が明らかになりました。

しかし、食事や運動などの生活スタイルを変えることで、いくつになっても骨の健康を改善することは可能です。コツコツ骨ラボ代表で、京都女子大学家政学部食物栄養学科の田中清教授によると、カルシウム、ビタミンD、ビタミンk2は“骨のゴールデン・トライアングル”と呼ばれており、これらを食生活に取り入れることで、丈夫な骨が作れるといいます。カルシウムは骨の材料、ビタミンDはカルシウムの吸収を高める、ビタミンk2はカルシウムの骨への沈着を助ける、とそれぞれに重要な役割があり、カルシウムだけで骨が丈夫になるわけではありません。ビタミンDはサケやイワシの丸干し、ビタミンk2は納豆などから摂取できるほか、ビタミンDは日光浴をすることで体内合成することもできます。

“骨美人”への第一歩として、日光浴やゴールデン・トライアングルを意識した食生活を始めてはいかがでしょうか。(菊地 香織)

関連リンク

QLife 骨粗しょう症による圧迫骨折の予後をMRIで予測

QLife 骨粗しょう症による骨折は、女性の健康寿命と見た目に影響

コツコツ骨ラボ ニュースリリース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ひとりエッチも卒業!「オマエしか見えない」カレシ独占エッチ2つ
ベビーカーにベビーでなく荷物を載せる親がいる理由 秀逸投稿が話題
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加