現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を...」

現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を...」

  • フルカウント
  • 更新日:2019/12/03
No image

現役復帰を目指すことを宣言した新庄剛志氏【写真:Getty Images】

自由契約選手として公示され、来季の12球団トライアウトを受験する新庄氏

阪神、日本ハム、メッツ、ジャイアンツで活躍した新庄剛志氏は来年の「12球団トライアウト」を受けることを発表し現役復帰を目指すことを表明している。1%の可能性を追い求めトレーニングを続ける男に米メディアも注目しているようだ。

現役時代にはプロ通算1411試合出場、打率.254、205本塁打、716打点をマーク。メジャーでは303試合に出場し打率.245、20本塁打、100打点。日本人選手初のワールドシリーズ出場など日本時代同様に記録よりも記憶に残る男として人気も高かった。

国内外の経済&文化誌「National Review」のダン・マクラフリン記者は自身のツイッターで新庄の現役復帰報道について「シンジョウにはいつも、ドラマチックな演出をする才能があった」と発言。これまで不可能を可能としてきた新庄氏の挑戦を注目している。

すでに日本野球機構(NPB)は新庄氏を自由契約選手として公示している。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
渋野選手、一日警察署長 地元岡山で笑顔―女子ゴルフ
阪神高橋遥人「新鮮でした」尼崎で1日人権擁護委員
鮮烈だった「追い込まれてからのフルスイング」 恩師が振り返る広島・小園海斗(報徳学園出身)の高校時代の成長
渋野日向子に岡山の特産品贈呈 1日で3件、地元がい旋イベント 笑顔絶やさず
右打者の構えで左打席に入ってホームラン 曲芸のようなバッティングが話題沸騰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加