ローリング・ストーンズ、『女たち - ライヴ・イン・テキサス ‘78』の国内盤CDを初リリース

ローリング・ストーンズ、『女たち - ライヴ・イン・テキサス ‘78』の国内盤CDを初リリース

  • rockinon.com
  • 更新日:2017/08/10
No image

ザ・ローリング・ストーンズのライブ作品『女たち - ライヴ・イン・テキサス ‘78』が、初めてCD単体の国内盤として発売されることとなった。

『女たち - ライヴ・イン・テキサス ‘78』は、ライブ音源のオリジナル・マルチトラック・テープをボブ・クリアマウンテンによってリミックス&リマスターされたものが収録されている。

なお、音源は1978年のアルバム『女たち』発売翌日から行なわれていた北米ツアーより、テキサス州のフォート・ワース、ウィル・ロジャース・メモリアル・センターで行われたライブのものが使われている。

映像商品や映像と音源のバンドル作品は2011年に発売、今年6月に輸入盤でCD単体が発売となっていたが、今回国内盤CDが発売されることは初めてのこと。日本盤のみ紙ジャケット仕様、解説/歌詞対訳付となる。音源自体は2011年発売時のものと同じものだという。

リリースの詳細は以下。

●アルバム情報
ザ・ローリング・ストーンズ『女たち - ライヴ・イン・テキサス ‘78』

発売日:2017年10月4日
紙ジャケット仕様
価格:2,667円(税抜)、2880円(税込)
品番:UICY-78500
日本盤のみ解説/歌詞対訳付

予約購入はこちら
UNIVERSAL MUSIC STORE

●トラックリスト
1. Let It Rock
2. All Down the Line
3. Honky Tonk Women
4. Star Star
5. When the Whip Comes Down
6. Beast of Burden
7. Miss You
8. Just My Imagination
9. Shattered
10. Respectable
11. Far Away Eyes
12. Love in Vain
13. Tumbling Dice
14. Happy
15. Sweet Little Sixteen
16. Brown Sugar
17. Jumpin' Jack Flash

All tracks feature:
ミック・ジャガー:ヴォーカル、ギター、ピアノ
キース・リチャーズ:ヴォーカル、ギター
チャーリー・ワッツ:ドラムス
ビル・ワイマン:ベース
ロニー・ウッド:ヴォーカル、ギター、ペダル・スティール・ギター

イアン・スチュワート:ピアノ
イアン・マクレガン:キーボード
ダグ・カーショウ:ヴァイオリン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DAOKO歌う「打ち上げ花火」挿入歌、MVは岩井俊二が原作ロケ地で撮影
【イベントレポート】People In The Box、ライブDVDの見どころは「ダイゴマンですね」
あゆみくりかまき、艶っぽい表情見せる「絆ミックス」MV
ハウスミュージック界のレジェンド・ROGER SANCHEZの来日公演が決定
AKB48、総選挙選抜ジャケ写は純白衣装の“ザ・アイドル”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加