[香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」

[香港]ミシュラン三ツ星、アジア24位の中国料理「龍景軒」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2018/10/12

香港・マカオにミシュランガイドが上陸した初年度に、香港唯一の三つ星となった、フォーシーズンズホテル香港の中国料理、龍景軒。Asia's 50 Best Restaurantでも24位と、評価の高いお店です。

Executive set lunch(HK$640)をいただきました。

まずは、点心。

シュウマイは、豚肉とプリプリの海老、マッシュルーム、上には蟹肉が乗っています。
小籠包も、リッチなスープの味が楽しめます。

No image

香港名物のパイナップルパンにインスピレーションを受けたオリジナルのバーベキューパオ。今は色々なところで見かけますが、ここが元祖。さっくりとした、程よい甘さの生地、そして、海鮮ソースのHoisin sauceに、香り高い松の実、ごま、卵などを使った奥行きのあるフィリングの味わいが絶品。カジュアルなお店だと、砂糖と醤油の甘辛さだけが際立つところを、しっかりと出汁と素材の味が感じられるのがさすが三つ星。

No image

アバロンパフ こちらも、バターが香る、さっくりほろりとした上質な生地が楽しめます。豚肉と鳥肉で取った濃厚な出汁にオイスターソース、刻んだ椎茸、そして食べやすく切ったアワビが乗っています。一口なのに、出汁の旨味がしっかりと感じられます。

Soup of a day

No image

日替わりのスープは、ポークリブと白木耳。ほんのり甘いのは、スープを取る際に、リンゴを丸ごと入れているから。

Barbecue Combination

No image

ごま油が香る中華クラゲは、クラゲの頭の部分を使っているということで、シャキシャキした食感が絶妙。

No image

Soya sauce chicken は、しっかりと鳥の旨味があります。

No image

Honey BBQ porkは、香港名物のチャーシューで、肩肉を使って伝統的なローストオーブンで焼き上げたもの。中国の薔薇のお酒の香りが華やかです。

No image

Sauteed Pork Loin with Mushrooms and Leek in Gravy Sauce

No image

スペインのイベリコ豚のモモ肉を使った炒め物。醤油と砂糖で照り焼き、あるいはネギと相まって、焼き鳥を思わせるような味わい。隠し味にオイスターソースと中国酒を使っているとか。質の良い肉厚の椎茸の旨味も特筆もの。

Egg Noodles with Shrimp Wonton in Soup

No image

香港の名物、ワンタン麺。プリッとした海老の食感、そして、伝統的なヒラメを干して作った粉で作った出汁。スープ自体には醤油も加えず、干すことで旨味が増した、自然なヒラメの味だけ。

No image

麺にラードとライトソヤソースと呼ばれる醤油を絡めてからスープに戻して、味わいが感じられるように。定番のカイランと共に。

Chilled Sweetened Green Bean Cream with Seaweed

No image

緑豆と海藻、そして15年間エイジングした陳皮の入った冷たいスープ。食材の組み合わせからか、どこか白桃を思わせるような味わいで、すっきりといただけました。

Petits Fours

No image

濃厚な卵黄の味の、カスタードケーキ、Egg yolk bunと、大麦の入った菊花茶のゼリー。甘みと苦味のバランスがよく、菊の香りがしっかりと感じられます。

知っているはずの定番の料理も、上質な食材を使い、こんなに豊かな味わいだったのかと再発見させられる、食材の個性を生かした料理の数々。
日替わりスープも季節の味で楽しいのですが、次回はぜひ上湯や清湯など、色々なスープを味わってみたいと思います。

<DATA>
■Lung King Heen(龍景軒)
営業時間:ランチ 12:00~14:30(土曜、日曜、祝日は11:30-15:00)、ディナー 18:00~22:00(L.O.)
住所:Four Seasons Hotel Hong Kong, 8 Finance St, Central, 香港
電話: +852 3196 8888
アクセス:香港駅から徒歩5分
https://www.fourseasons.com/hongkong/dining/restaurants/lung_king_heen/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加