【フランクフルトモーターショー2017】トヨタ ハイラックス 新型、「無敵」のカスタマイズ...50周年を祝う

【フランクフルトモーターショー2017】トヨタ ハイラックス 新型、「無敵」のカスタマイズ...50周年を祝う

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/16
No image

新型トヨタ ハイラックス インヴィンシブル50(フランクフルトモーターショー2017)

もっと画像を見る
トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、新型『ハイラックス』の「インヴィンシブル50」を初公開した。

同車は、日本市場にも13年ぶりに導入されたばかりの新型ハイラックスをベースに、1968年の初代デビューから、50周年にあたるのを祝福して製作されたコンセプトカー。ハイラックスは世界およそ180か国に投入されており、累計販売台数は1800万台以上というグローバルピックアップトラック。

新型ハイラックスのインヴィンシブル50では、「インヴィンシブル=無敵」をテーマに、カスタマイズを実施。北極点への到達やダカールラリーで入賞を果たすなど、ハイラックスのタフなイメージを反映させた。

足元には、マットブラック仕上げの18インチアルミホイールを装着。BFグッドリッチ製のオールテレーンタイヤを組み合わせる。ブラックのホイールアーチモールも追加。荷台のバーやサイドステップも、マットブラックで仕上げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」
エプソンが高級腕時計を突然発売した理由
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
カシオの2017秋冬新作ウオッチお披露目 GPSや電波ソーラー、Bluetooth搭載モデルも
日産 シルビア 15年振り復活へ...次世代「VC-T」エンジン搭載、10月公開か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加