AGC旭硝子、実物と映像の融合を実現するガラスサイネージ

AGC旭硝子、実物と映像の融合を実現するガラスサイネージ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/24
No image

AGC旭硝子は4月24日、実物と映像のコンビネーションを実現する「infoverre SEE-THROUGH(インフォベール シースルー)」を開発し、販売開始することを発表した。

infoverreは同社が開発した樹脂と貼合技術を用いて、液晶ディスプレイをガラスに直接貼合したガラスサイネージ製品。今回開発されたSEE-THROUGHは、独自の光源設計によって鮮やかな映像(従来比1.5倍)と、透明度(従来比2倍)を実現し、従来表現できなかった実物と映像の融合を演出できるという。各種店舗や博物館・美術館などのショーケースに使用することが可能だ。

また、今後は、ガラスを介して情報交換ができるよう、タッチパネル機能を持つ製品の開発を進め、用途拡大を目指していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
15.6型に強化した新Razer Blade - 狭ベゼルで本体サイズ変わらず
360度回転ディスプレイで使い方も自由自在!エイサーの13.3インチ薄型軽量モバイルノート『Spin 5』
ドワンゴが動画・生放送サービスの機能改善をした「niconico」の新バージョン「(く)」を6月28日より開始を発表
人工知能(AI)が人類を驚愕させた10の瞬間
ドン・キホーテにWindows10の2WAYタブレットが登場。19,800円で6月8日より発売開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加