若手会社員が自由にできるアフター5の時間、6割が「2時間以内」

若手会社員が自由にできるアフター5の時間、6割が「2時間以内」

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12

昨年7月から、勤務時間を朝型に変えて夕方の時間帯を有意義に過ごしてもらおうという政府の取り組み「ゆう活」が、国家公務員を対象に始まった。同様の動きは一部の企業でも広がっており、勤務時間を朝型へシフトしてもらおうと早朝出勤者向けに朝食を用意するなどの取り組みが見受けられるようになってきた。このような朝早めの時間から働いて、夕方の時間を活用しようという動きについて、ビジネスパーソンはどのように感じているのだろうか。婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントが以前、「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関するアンケート調査を実施したところ、若手社会人が自由にできるアフター5の時間について、約6割が「2時間以内」という結果になった。

◆ゆう活のような朝型勤務推奨の制度、「導入された」「検討中」はまだ15%

No image

まず、朝型勤務推奨の取り組みが「導入された」か「導入検討されている」組織・企業に勤めている人は15.0%で、特に、ゆう活が始まったことを機に「導入された」か「導入検討されている」ようになったのは8.0%だった。一方、71.0%が「そのような動きはない」と回答。ゆう活のような取り組みの影響を受けている人は、まだ一部にとどまっていることが分かった。

◆朝型勤務の経験者ほど、ゆう活に賛成。76.5%が支持

それでは、ゆう活のような朝型勤務推奨の動きがあることについては、賛成派と反対派、どちらのほうが多いのか。尋ねてみたところ、「賛成」「どちらかといえば賛成」の賛成派は44.0%だった。「反対」「どちらかといえば反対」という反対派の15.5%を上回っている。さらに、勤務先で朝型勤務推奨の取り組みが導入された回答者に絞って結果を見ると、サンプル数は少ないものの、賛成派は76%に達し、反対派はわずか6%にとどまった。

No image

ゆう活のような取り組みに対しては、「早朝から出勤しても夜間の残業時間は減らず、疲れが増すだけ」といった懸念の声もあがってきているようだが、実践してみた人たちの間では評価する声が多いようだ。

また、朝型勤務推奨の制度が既に導入されている回答者に自由回答形式で朝型勤務の利点・欠点について意見を求めてみたところ、「時間を有効に活用することができる」「働きやすい」「理想的である」といった全面的に賛成する意見、「利点は家族や自分の時間が取れること、欠点は給料が下がること」「早く帰れて電車がすいているが、早起きがきつい」といった一長一短をあげる意見、「朝食提供の制度が始まったが、適用になるには、朝早く出社することと、就業後の時間外を確実に行うこととあるので、制度を利用できない」といった課題をあげる意見などが集まった。

◆業務終了後に自由に使える時間、「2時間」以内が58.5%

政府がゆう活によって増やそうとしている平日就業後の自由時間。果たして現状で、若手社会人は自由になる時間をどれくらい持っているのか。その点について調べてみたところ、「1時間未満」(20.0%)、「1時間」(13.5%)、「2時間」(25.0%)となり、「2時間」以内が58.5%となっている。

No image

◆自由時間の使い道、男性は趣味、女性はコミュニケーション

続いて、平日または出勤日に帰宅後の自由時間が「1時間」以上あると回答した人に、その自由時間中、どんな活動をしているかと尋ねてみた結果、最も多くの人が挙げたのは「Webサイトを閲覧する」(53.1%)。続いて「テレビを見る」(52.5%)、「SNSをチェック/書き込む」(31.9%)、「音楽を聴く」(29.4%)なども多くの人から選ばれている。

No image

この結果を男女別に集計してみたところ、男性は平均3.9種類の活動をしていた一方、女性は平均4.6種類と男性よりも多くの活動をしていたことが分かった。

No image

その中でも、「家族・恋人・友人・知人と直接話す」「家族・恋人・友人・知人とメールする」「SNSをチェック/書き込む」などの項目では男性を10ポイント以上も上回った。男性よりも女性の方が、誰かとコミュニケーションを取るための活動に積極的だと言えそうだ。一方、男性のデータを見ると、女性と比べて「軽い運動やスポーツをする」「ゲームをする」では5ポイント以上、「Webサイトを閲覧する」「マンガを読む」では4ポイント以上、上回っている。男性の方が自分の趣味により時間を費やしていると考えられる。

◆自由時間が多いと「テレビ」「Web」「SNS」「音楽」「ゲーム」などが増加

それでは、ゆう活などの取り組みによって平日または出勤日の自由時間が増えれば、こうした活動内容に違いは生まれてくるのだろうか。その参考になりそうなデータを収集する目的で、自由時間が「2時間」以内の回答者と「3時間」以上ある回答者とに分けて集計し直した上で、その結果を比較してみると、「2時間」以内の人が平均3.8種類の活動をしていたのに対して、「3時間」以上の人は平均4.7種類だった。

各活動を詳しく見ると、5ポイント以上の差が開いたのは「家族・恋人・友人・知人と直接話す」「テレビを見る」「仕事とは関係ない雑誌・書籍を読む」「Webサイトを閲覧する」「SNSをチェック/書き込む」「音楽を聴く」「ゲームをする」といった活動。「家族・恋人・友人・知人と直接話す」以外は、暇つぶしのためによく行う活動に時間を割いていると言えるかもしれない。

No image

◆活動別の使用時間、「テレビ」(72分)と「Web」(70分)がトップ2

平日または出勤日の自由時間にする活動内容を聞くだけでなく、各活動について、どれくらいの時間とお金を使っているかも調べてみた結果、「テレビを見る」(72.1分)、「Webサイトを閲覧する」(70.7分)、「何もせずに休む」(60.0分)といった活動に時間を使う人が多いようだ。また、私的に使用する費用についても月2,500円未満が多く、仕事後は飲み会というよりインドアで過ごす未婚の若手社会人が多い傾向にあるようだ。

No image
No image
No image

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査対象:25~34歳の未婚で企業などに勤務している男女200名
集計期間:2015年8月12日~8月17日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
かさぶたをはがしたくなる理由と、それを避ける方法
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加