このゴールは“反フェアプレー”か否か 独3部で乱闘寸前となったワンプレーが議論呼ぶ

このゴールは“反フェアプレー”か否か 独3部で乱闘寸前となったワンプレーが議論呼ぶ

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/17
No image

負傷者のためにプレーを止めた相手選手からボールを奪い、そのままゴール

ドイツ3部リーグの第8節、カール・ツァイス・イエナ対SVメッペン戦で起こったプレーがSNS上で議論を呼んでいる。

問題のシーンは、ホームのイエナが0-2とリードされて迎えた後半12分。メッペン陣内での競り合いで両軍の選手が足からボールを奪いに行き、イエナのFWギュンター・シュミットが足を痛めてピッチにうずくまったところから始まる。こぼれ球を受けたメッペンのMFニコ・グラナトウスキーは、ボールを足もとに置きながらピッチに倒れるシュミットを指さし、主審にゲームを止めるよう促すが笛は吹かれない。

すると完全に立ち止まったグラナトウスキーに対してプレッシャーをかけたイエナの主将FWソレン・アイスマンは、素早く距離を詰めてボールをかっさらうと、そのままドリブルで持ち込み、ペナルティーエリア外からシュートを突き刺した。

このプレーに納得がいかないメッペンの選手たちは、涼しい顔をして自陣に戻るアイスマンを追走。両軍の選手が入り乱れて激しい口論が繰り広げられたが、ゴールの判定は覆らず。試合はその後、後半37分に再びアイスマンが決めて、2-2のドローで幕を閉じた。

レフェリーが笛を吹くまでは…

メッペン側からすれば煮え切らない思いを抱えることになったこの失点シーンについて、英紙「ガーディアン」電子版の編集者を務めるジェームズ・ダート氏は自身の公式ツイッターで「本日の悪役:ソレン・アイスマンはSVメッペンが傷んでいる選手のために試合を止めた間に得点を決めた」と、フェアプレー精神を問う投稿を行った。これに対して返信欄には「フィフティ・フィフティだ」とのコメントもあれば、「もし傷んだ選手のために試合を止めるなら、立って見ているのではなく、ボールを外に蹴り出すべきだ」「私の目に悪人はいない。メッペンの選手は試合のルールに慣れていないようだ」と、逆にメッペンの選手の対応を問題視する声も出るなど、賛否両論が寄せられた。

JFA(日本サッカー協会)が公開している「競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン」を例に挙げれば、「負傷した競技者」の項目に「主審は競技者の負傷が軽いと判断した場合、ボールがアウト・オブ・プレーになるまでプレーを続けさせる。競技者が重傷を負っていると判断した場合、プレーを停止する」と記載されている。審判が「軽い負傷」と判断した場合、プレー続行は問題がなく、今回のケースに当てはめればアイスマンのゴールも正当なものとなる。

イエナ対メッペン戦で起きたこのプレーには賛否両論が巻き起こっているが、双方にとって「審判の笛が鳴るまでプレーを続ける」との鉄則を改めて思い起こさせる出来事になったのは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】OLBG Betting Tipsが公式ツイッターに投稿した、ドイツ3部「イエナ vs メッペン」で生まれた議論を呼ぶゴール

Should they have kicked it out here?Carl Zeiss Jena score against Meppen after they stop for an injured player.pic.twitter.com/kokDdludmI

— OLBG Betting Tips (@OLBG)2017年9月16日

OLBG Betting Tipsが公式ツイッターに投稿した、ドイツ3部「イエナ vs メッペン」で生まれた議論を呼ぶゴール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フォルランがネイマール&D・アウベスに苦言。「カバーニをリスペクトすべき」
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
「痛快だ! オカザキは批判する者を黙らせた!」レスター番記者が不要説に真っ向から反論
「日本のヒットマン」「リバプールに天罰を下す」 1G1Aと大暴れの岡崎慎司を英メディアが激賞
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加