門脇麦 “干物女”が30分悩んで購入した9000円のおしゃれアイテムとは

門脇麦 “干物女”が30分悩んで購入した9000円のおしゃれアイテムとは

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2016/11/29
No image

突然、店員に話しかけられてビックリする門脇麦

「日曜日の混雑していた店内に、すっぴんにマスク、丸メガネといういでたちの門脇麦さんがいたんです。テレビや映画に出ているときとはイメージが違ったので、気づいた人はあまりいなかったと思いますよ(笑)」(居合わせた客)

11月末、都内のショッピングモールにある帽子専門店で、人気の若手女優が買い物をしていたという。

「懸命に鏡の前で帽子を試着していました。たくさんのカラーバリエーションがあるなかで黒のものばかり手に取っていましたよ。30分ほど悩みに悩んで、9000円ほどの帽子を購入されました」(前出・居合わせた客)

途中、ウロウロと店内を物色する姿を見かねた店員が彼女に話しかけるひと幕もあり、あまりこういった店に慣れていないような雰囲気だったよう。

「注目を集めたのは'14年の映画『愛の渦』です。地味だけど性欲の強い女子大生という難しい役で、フルヌードも辞さない体当たりの演技が話題になりました。昨年のNHK朝ドラ『まれ』でヒロインの同級生・みのり役を演じ、さらに知名度が上がりました」(映画業界関係者)

しかし、プライベートでは控えめなキャラクターらしく、先日出演したテレビ番組では友人がいなかったという高校生活を語っていた。

「“とにかく、ひたすら目立たないように”“自分にも友達にも、何も希望を持っていなかった”とネガティブ発言を連発していました」(テレビ誌ライター)

女優になってからも派手な生活とは無縁。美容やファッションには興味がなく、お金は旅行や食事に使いたいタイプなのだそう。

No image

悩み抜いて選んだ帽子をレジで会計する門脇

「テレビのトーク番組で、“ノーメイクにボサボサ頭でゴミ捨てに行く”と話していました。いわゆる“干物女”の典型ですね。

さすがに最近はマスクだけはするようになりましたが、髪はボサボサのままで電車に乗ったりするようで、周りから注意されているとか(笑)」(前出・テレビ誌ライター)

それなのに帽子選びに30分も悩んでいたのは、彼女に変化が訪れているから。

「最近、ちょっとファッションに目覚め始めているんですよ。影響を与えたのは、高畑充希さん。

彼女はファッション雑誌にもよく登場しているおしゃれ好きですからね」(ファッション業界関係者)

門脇と高畑は、12月から始まる楳図かずお原作のミュージカル『わたしは真悟』でW主演を務める。

「2人はこのミュージカルが初共演。ただ、前から共通の友人がたくさんいて、お互いに気になる存在だったようです。今ではよく一緒に食事に出かけたりしているみたいですね」(前出・芸能プロ関係者)

おしゃれな友達ができたことで、地味女優もファッショナブルに。次に帽子を選ぶときは、黒以外のビビッドな色も試してみては?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
浜崎あゆみが長瀬智也との“おそろいタトゥー”公開で必死の話題作り!
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
サバンナ高橋、SMAPから笑顔を消した失言に「お前がいなくなれ!」の大罵声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加