春夏連覇狙う大阪桐蔭、米子松蔭を投打で圧倒 選抜から公式戦25連勝

春夏連覇狙う大阪桐蔭、米子松蔭を投打で圧倒 選抜から公式戦25連勝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

1回、大阪桐蔭・福井が右越えに先制ソロを放ち一塁へ向かう=甲子園

「全国高校野球選手権・1回戦、大坂桐蔭8-1米子松蔭」(11日、甲子園球場)

史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が、米子松蔭を投打で圧倒して2回戦へ進出した。今春センバツ1回戦・宇部鴻城戦から公式戦25連勝となった。

初回1死で主将・福井章吾捕手(3年)が右翼席へ先制ソロを放つと、二回無死一塁は根尾昂外野手(3年)が左中間へ適時二塁打を放った。

先発の徳山壮磨投手(3年)は、140キロ中盤の直球を主体に五回までに7三振を奪取。7回2安打1失点(自責点0)で先発の役割を果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明徳義塾・馬淵監督50勝お預け「もう一回、挑戦します」
明徳義塾・馬淵監督、夏の歩み止まった...星稜・松井を5打席連続歩かせた日に
早実・清宮幸太郎がU18代表内定 履正社・安田も
球児の体調OBサポート 聖心ウルスラ鍼灸師の竹吉さん 「同じ悔しさ経験させない」
【西スポ・甲子園ベンチ裏】逆転惜敗の聖心ウルスラ学園 “宮崎県産”チームに異色の大阪出身 三塁コーチで浪花節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加