エイシンヒカリ連覇へ鋭伸、国内最終追い/香港C

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

坂路で国内最終の追い切りをするエイシンヒカリ(撮影・上田博志)

12月11日にシャティン競馬場で行われる香港C(GI、芝2000メートル)で連覇を狙うエイシンヒカリ(牡5、坂口)が29日、坂路で国内最終追いを行った。しまい重点で4ハロン57秒6-11秒6。最後の1ハロンで黒岩騎手(レースは武豊騎手)が軽く気合をつけると鋭く反応し、素晴らしい伸びを見せた。坂口師は「先週にしっかりやっているので上がり重点でやった。調子は悪くないね」と好感触を示した。

昨年の香港CでG1初制覇を飾ると、続く今年初戦の仏G1イスパーン賞を10馬身差で圧勝。“世界ランキング”1位に躍り出た(現在は4位)。前走の天皇賞・秋は12着に敗れたが、地下馬道でテンションが上がりすぎたのが敗因のひとつ。「香港はパドックから馬場までが短いし、環境が合うと思う」と、師は連覇へ闘志を燃やしていた。【中上博】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
2歳女児 一夜明け無事保護「よかったよかった」
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5
上戸彩の激ヤセ“鳥ガラ化”で、所属事務所の恋愛NG条例見直しへ! HIROの浮気疑惑が原因か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加