独占インタビュー・阿部勇樹【悲願のタイトルへの決意】――「もう失速とは言わせない、別の言葉を言わせたい」

独占インタビュー・阿部勇樹【悲願のタイトルへの決意】――「もう失速とは言わせない、別の言葉を言わせたい」

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/11/30

【第3回 このチャンスを逃すつもりはない】

No image

チャンピオンシップ決勝、鹿島アントラーズ戦。
アウェイで迎えた重要な一戦、阿部勇樹は決勝ゴールとなるPKを決めた。1対0の勝利。次戦、ホーム・埼玉スタジアムで行われる決戦に向け、大きなアドバンテージを得たように見えるが、阿部はそんな質問に対しても簡単に首を縦に振らない。
「皆さんはそう言うかもしれないですけど、まだ決まってないですから。次、勝たなければ意味がないので」
「まだ何も決まっていない」――この言葉を繰り返した阿部は、ゴールの喜びも、勝利の笑顔も見せない。
泣いても笑っても12月3日。すべてはここで決まる。
レッズの思いを背負い続けた阿部勇樹の独占インタビュー、最終回。

■負けた経験は、成長の機会でもある

――昨年、一昨年とチームが終盤で調子を落としたときなど、柏木陽介選手などに声を掛けたことがあるとか。自分も悔しい中でそういうところまで気配りをするのはしんどかったりすることはないですか。

阿部 まあ、悔しいですよ。でも、さっきも言いましたけど、あの年代の選手が賑やかじゃないと、僕も不思議な感じなんですよ(笑)。なんかシーンとして気持ち悪いなってなるから、僕としては「いつもの彼らでいてほしい」って思う。
それに、こういうことを経験してまた強くなる、いい機会だとも思っている。それっていろんなプレッシャーの中で戦っているチームでしか経験できないことじゃないですか。だからそれを感じられることというのは、いいことでもあると思っています。最終的に勝ててないからサポーターの方には申し訳ないですが。

――なるほど。成長を促す機会でもある、と。

阿部 はい。考えすぎはよくないと思うけど、そういうことを経て、どうしたらいいかって考えることはすごくいいことだと思うから。うちのチームには本当にいい選手が多いから、そうやって考えて成長してどんどん日本代表に入ってやっていかなきゃいけない、いや、いけると思っています。

――これはもう、勝手な推測でしかないんですけど『泣いた日』(阿部勇樹の著書・2011年刊行)を書いた頃の阿部さんだったら、プレーをしなきゃいけない上に、こんなに考えて、プレッシャーもあってキャプテンで……と、もうしんどくて悩みまくってしまうんじゃないかと(笑)。

阿部 いやあ、どうなんですかね。しんどい……しんどいかなあ(笑)。あんまりそこまで思ってないですよ。
それだったら若いときにジェフでキャプテンをやるほうがしんどかったかな(笑)。三年目でキャプテンって言われて、年上の選手ばかりでしたし、その先輩からのプレッシャーもすごかったですから(笑)。いまはそういう経験があった上でやれているから、大丈夫なのかもしれないですね。

――それは確かに(笑)。「キャプテンなんだから休みの交渉をオシムさんにして来てくれ」って頼まれたりしていましたもんね(笑)。

阿部 そう。それで行って怒られて(笑)。まあ、あのときオシムさんに怒られたことも、僕にとってはすごく良かったことですけどね。

■家に帰ると、子どもが「負けちゃったね」って……

――あの経験があったのも大きい。

阿部 いや、大きいですね。

まあでも、例えばしんどかったとして、ですよ。それをどうやって和らげていくか、ということはつねに考えながら戦ってきたことも影響していると思います。全部が全部そのまま受け止めてしまっていたら、サッカーをする以前のところで疲れてしまいますから、しんどいときこそどれだけ楽しむことができるか、ですよね。

――しんどいときこそ、楽しむ。

阿部 はい。僕は楽しむことってすごく大事だと思っていて。サッカーをプレーすることはもちろん楽しいんですけど、それ以外のサッカーを離れたところでもその楽しみを感じて生活できるようにすることは意識していました。それが僕にとっては家族だったし、ほかの選手は音楽を聞いたり、ゴルフをしたりということなのかもしれません。
僕に限って言えば、いまは、子どもがもう僕がサッカーをやっているってことが分かる年齢になっていて、例えば試合に負けて帰ったりすると「負けちゃったねえ」なんてあっさりと言ってくるんです。しかもそれを言った次の瞬間には違う話題になっているんですよね。だから勝手に切り替えさせてくれるというか。そうやって周りの影響もあって、うまくリラックスしながら臨めているかなと思いますね。

――安心しました(笑)。では最後に。今シーズンここまでは例年までとは違った結果を残してきた。やっぱり、例年の悔しさはかなり強かったですか。

阿部 いやもうね、悔しいしかない。
終盤は特に「失速」とか「またか」というのは言われていましたから……正直そうやって言われることに対しても、その場で言い返したりして解消できれば楽なんだろうと思うんですけど、僕らができることって結果でみせることしかない。もう失速とは言わせない、違うことを言わせてやろう、というのをモチベーションにしてやっていて……それは毎年そうなんですけど、今年はそれがここまでうまく出せて戦って来られたと思っています。

――だから、最後にチャンピオンシップでタイトルを勝ち取りたい。

阿部 はい。天皇杯は負けてしまいましたけど、チャンピオンシップを取ってクラブワールドカップに出る。それがみんなの向かう場所でもあるので、絶対に勝ち取りたいですね。

――頑張ってください。ありがとうございました。

阿部 ありがとうございました。

まだ、レスターがプレミアリーグ二部にあたるチャンピオンシップリーグにいた頃、阿部はそのチームでプレーをしながらこんなことを言っていた。
「レスターがプレミアリーグに上がったらこの街がどんなふうになるのか見てみたい」
中心地に時計台がある、こぢんまりとした田舎街。そんな「雰囲気が好き」だと。
昨シーズン、そのレスターが昇格どころかプレミアリーグを制覇するという大快挙をやってのけた。そのチームには同じ事務所の後輩であり、日本代表でもともにプレーした岡崎慎司がいた。そして、彼から優勝に湧く街が載った雑誌や写真を見せてもらったという。

「ああ、あの街がこんな風に変わったんだ。歩いたあの道がこんなに盛り上がって……」

阿部はそう言って、嬉しそうに続けた。

「じゃあ、浦和の街はどう変わるんだろうって。いまも十分すごい応援をしてもらっているけど、優勝したらこれ以上どんなすごいことになるのかな、ってそんな気持ちが強くなりましたよね、今年」

どんな想像もつねにサッカーへ、レッズへと戻ってくる。レッズ「最後」の優勝を祝した2006年のパレードはクラブに飾ってある写真でしか知らない。
「何も成し遂げていない」――その雪辱を晴らすこのチャンスを、阿部勇樹は逃すつもりはない。

No image
No image
No image

第一回>>「"負けた試合”を観なくなった」~経験がもたらした変化
第二回>>柏レイソルから学んだ「一致団結」の意味、そして最後尾を走る理由。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム大谷一発サイン予告 高卒5年目最高が濃厚
ホークス本多肉食化 テニスジョコ式食事法に手応え
《2016年プロ野球お立ち台大賞!》角中勝也、比屋根渉、杉谷拳士 〜シュールなお立ち台編〜
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
マギー、巨人“4年越しの恋人”は「マギー違いです」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加