富士通、機械学習が可能なAIを活用したチャットボットサービスを発表

富士通、機械学習が可能なAIを活用したチャットボットサービスを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

富士通は10月17日、AIを活用したエンタープライズ向けのチャットボットサービスを実現する「FUJITSU 金融ソリューション Finplex Robot Agent Platform」を開発し、2017年1月より提供することを発表した。

「Finplex Robot Agent Platform」は、機械学習による知識をもったロボット(Bot)と、チャットツール利用者がチャット形式で会話を行うことにより、商品セールスやカスタマーサポート対応のロボットによる自動支援を実現するサービス。

同社では、これまでブラックボックスになっていた、学習データを用いた機械学習やスクリプト作成などの機械学習工程を、利用者自身がマネジメントできるようにすることで、低コストで効果的・効率的な学習が可能となるとしている。

「Finplex Robot Agent Platform」は、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」より、チャットボットサービスの開発に必要な機能一式を提供する。

具体的には、「チャット形式による対話インターフェースであるメッセンジャー機能」「機械学習させたいデータのアップロードや学習させたデータの管理(追加、削除、編集)を行う類義語編集機能」「チャットボットを使って提供したいサービスを自由に構築できるスクリプト編集機能」「他社が提供しているチャットツールとの連携を容易にするAPIゲートウェイ」などを提供する。

No image

「Finplex Robot Agent Platform」の機能概要

「Finplex Robot Agent Platform」は、富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai」の技術を活用しており、先行してソニー銀行による検証を行っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どんなスイッチでもスマホでオンオフが可能に「Switch Bot」
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
「感情エンジン」を搭載!...ホンダがコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」をCES 2017で展示
レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加