銅メダルの日本、アンカー藤光変更が大当たり!世界選手権初の表彰台/世界陸上

銅メダルの日本、アンカー藤光変更が大当たり!世界選手権初の表彰台/世界陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子の400メートルリレー決勝で多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は38秒04で銅メダル。世界選手権で初の表彰台となった。

戦略が当たった。第1走者の多田が大外9レーンから鋭い出足で飛び出した。第2走者の飯塚からバトンを受けた第3走者の桐生は、元気いっぱいの快走。最終走者の藤光が後続の追撃を振り切り、銀メダルだったリオデジャネイロ五輪に続くメダルをもたらした。

期待されたサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は右脚に痛みがあり、起用が見送られた。アンカーは予選のケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=から藤光に変更。スタンドから見つめた2人の無念を背負った31歳のベテランが、意地をみせた。

最近の五輪3大会で2個のメダルを手にしていた日本。世界選手権初の表彰台に立ち、メダル常連国の仲間入りを果たした。

No image

男子400メートルリレー決勝 3位となり、笑顔で抱き合う藤光謙司(左)と飯塚翔太。駆け寄るのは桐生祥秀、奥は負傷したジャマイカのウサイン・ボルト=ロンドン(撮影・川口良介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「アソコを舐めない男」とは別れよう!「舐める男」を見分ける方法
ローラ、完全終了へ、億単位の損害賠償を事務所から請求される可能性! 黒幕はあの“いわくつき人物”との声も
日テレ岩本乃蒼「スッキリ!!」卒業で囁かれる体のヤバい変化
「ゆかり」のライバル「かおり」のポテンシャルに早く気付いた方がいい【ふりかけ】
小林麻耶、「麻央さんに似てきた」に「嬉しい」――海老蔵関係者から「熱愛発展」「再婚」望む声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加