『A列車で行こう3D NEO』本日発売 「New 3DS」で動作軽快 既存ユーザーもパッチで高速化

『A列車で行こう3D NEO』本日発売 「New 3DS」で動作軽快 既存ユーザーもパッチで高速化

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう3D NEO』が本日2016年12月1日に発売。「New ニンテンドー3DS」に対応し動作が軽快、高速に。現在、有料配信されている追加シナリオ8種も収録されます。

読み込み速度などが改善

アートディンクが「ニンテンドー3DS」用の都市開発鉄道シミュレーションゲームソフト『A列車で行こう3D NEO』を本日2016年12月1日(木)に発売しました。

プレイヤーは鉄道会社の社長です。線路を敷き、駅を造り、列車を走らせて街を発展させ、鉄道の利用客を増やします。路線バスや路面電車を走らせたり、デパートや遊園地などの「子会社」を建設したりといったことも可能。ダイヤを設定し、旅客列車や貨物列車などを思いどおりに走らせることもできます。

『3D NEO』は、2014年に発売された「ニンテンドー3DS」用ソフト『A列車で行こう3D』をベースとし、より高性能な「New ニンテンドー3DS」に対応。スムーズで高速、快適なプレイが可能になったといいます。

処理速度がアップしたことから、街の発展を待つ時間も短縮。「ニンテンドー3DS」に比べ、「New ニンテンドー3DS」ではおよそ3倍のスピードになったとのこと。また、マップ回転や3Dカメラモードの読み込み時間、セーブやロードに要する時間も短くなったとしています。

さらに『3D NEO』では、本編のシナリオに加え、現在ダウンロードコンテンツとして販売中の追加シナリオ8種(計800円相当)も収録。運行計画の設定など一部仕様の改善や改修なども行われています。

No image

値段は税別4500円。攻略ガイドブックが同梱された初心者向けの「ビギナーズパック」(税別4980円)も同時発売です。

なお、既存の『3D』ユーザーに対しては、『3D NEO』相当のパッチが本日から無償配布されます(有料ダウンロードコンテンツの追加シナリオ8種は除く)。これにより「New ニンテンドー3DS」があれば、高速化されたゲームを楽しめます。

【画像】3倍速いイメージの赤いパッケージ

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出張ついでに一人旅を満喫しよう!"大阪ブレジャー”のススメ
ポケGO、新モンスター100種追加へ 「ブーム再燃」の期待高まる
今週、話題になった新製品は?1週間分の新製品情報をおさらい
帽子をかぶったコーギーがあまりにもかわいかったので、コラ職人頑張る
FF15でバグ報告続く 「空中に吹っ飛ぶ」「イグニスのメガネが浮く」「イグニスが崖から落ちる」「イグニスがなんか薄い」など

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加