G大阪長沢「良かった」OG帳消しドロー弾にホッ

G大阪長沢「良かった」OG帳消しドロー弾にホッ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

大宮対G大阪 後半ロスタイム、G大阪FW長沢(左手前)は同点ゴールを決める(撮影・鹿野芳博)

<明治安田生命J1:大宮2-2G大阪>◇第26節◇16日◇熊谷陸

ガンバ大阪は、FW長沢駿(28)が試合終了間際にゴールし、執念ドローに持ち込んだ。

1-1の後半28分、大宮の左CKで、ゴール前で競り合った長沢の頭に当たってオウンゴールとなり、勝ち越しを許した。

その1点ビハインドの後半ロスタイム、MF井手口陽介(21)からのロングクロスをDF三浦弦太(22)が頭で落とし、最後は長沢が右足で押し込んだ。

長沢は「(三浦)弦太が入ってたから、(ボールが)こぼれてくると思った。たたきつけるようなシュートになったけど、入って良かった」と安堵(あんど)の表情で振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎、痛恨の勝ち点1=Jリーグ
【J1採点&寸評】清水1-3広島|攻守に奮闘した水本が勝利の立役者!2点に絡んだジョーカーも採点「7」
G大阪、ハリル御前試合で奮闘も公式戦4戦勝ちなし
ついに唸りを上げた左足...小林祐希が度肝を抜く逆転ミドル!!今季初弾で4連勝導く
「連携ミスで裏を取られた」マウリシオ初ゴールも喜び半減...攻撃陣に要求も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加