アスクル、電気自動車の配送拠点「世田谷デポ」が稼働

アスクル、電気自動車の配送拠点「世田谷デポ」が稼働

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

アスクルは、10月16日に電気自動車(EV)による配送拠点である「世田谷デポ」(東京都世田谷区)を稼働させたと発表した。

同社グループ企業であるASKUL LOGISTは、今年8月末から環境に配慮したEVでの配送を開始している。アスクルでは、原材料調達から商品の配送までサプライチェーン全体でのCO2削減を目指す取り組みである「2030年CO2ゼロチャレンジ」を展開しており、デポの開設もこの一環。

アスクルは、商品配送に日産自動車製の電気自動車「e-NV200」12台を導入している。EVは8月31日から開始したLOHACOの新受取りサービス「Happy On Time」や法人向け配送車輌として都内で活用している。

これらEVを使ったの配送の拠点として「世田谷デポ」を稼働したもの。「世田谷デポ」の外壁、電気自動車、ドライバーのユニフォームについては、「エコ」「親しみやすさ」「街になじむ」をコンセプトとしたデザインを施した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加