出雲大社参拝時に食べたい「出雲そば」と「出雲ぜんざい」

出雲大社参拝時に食べたい「出雲そば」と「出雲ぜんざい」

  • トラベルジェイピー 旅行ガイド
  • 更新日:2018/07/13
No image

出雲大社参拝時に食べたい「出雲そば」と「出雲ぜんざい」

連日沢山の参拝客が訪れる出雲大社。せっかく出雲大社に来たのだから食べて帰りたいのが「出雲そば」と「出雲ぜんざい」です。出雲そばは日本の「三大そば」のひとつにも挙げられ、「割子(わりご)」と「釜揚げ」で食べます。そして出雲はぜんざい発祥地というのをご存知でしょうか?

出雲大社に参拝したら本場の出雲そばと出雲ぜんざいを味わってみてください。

江戸時代創業の老舗「荒木屋」の割子そば

No image

写真:肥後 球磨門

出雲市に古くから伝わるのが「出雲そば」で、岩手県の「わんこそば」、長野県の「戸隠そば」と並ぶ『日本三大そば』の1つとされています。その出雲そばの店として人気なのが「荒木屋」。江戸時代後期の創業で200年以上の歴史を誇り、出雲そばの店としては日本で最も古い店といわれています。

No image

写真:肥後 球磨門

割子(わりご)と呼ばれる丸い器にそばを盛って3段重ねにしてある「割子そば」が出雲では一般的です。

玄そばを石臼で挽いた黒っぽくコシがあるのが出雲蕎麦の特徴。まずはそのまま蕎麦だけを味わってみるのをおススメします。噛むと蕎麦の香りを強く感じ蕎麦好きにはたまらない逸品です

No image

写真:肥後 球磨門

薬味が最初から蕎麦の上にのってくる店もありますが、荒木屋では紅葉おろし、刻み海苔とネギがそばつゆと一緒に運ばれてきます。

割子そばの食べ方は、まず一番上の割子そばの上に薬味を適量のせてそばつゆをかけて食べます。次の段も同じように薬味をのせた後、1段目で残ったつゆを移し、足りなかったらつゆを足して食べます。3段目も同じようにして食べ、最後に残ったつゆを蕎麦湯に入れて飲み干すのです。無駄がない食べ方です。

<荒木屋の基本情報>
住所:島根県出雲市大社町杵築東409-2
電話番号:0853-53-2352
アクセス:一畑電鉄大社駅から徒歩9分
営業時間:11:00~17:00(ただし、そばがなくなり次第閉店)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)

出雲そばの原点「釜揚げそば」を「そば処 田中屋」でいただく

No image

写真:肥後 球磨門

出雲といえば割子そばが有名ですが、地元で愛され長年受け継がれてきた食べ方があります。それが「釜揚げそば」。その歴史は、割子そばよりも古いといわれています。

伝統ある「釜揚げそば」のおススメの店が出雲では比較的新しい店「そば処 田中屋」です。元々は大のそば好きだった初代がレストランを営んでいた店ですが、 二代目が平成9年(1997年)にそば専門店「そば処 田中屋」としてオープンしたお店です。

No image

写真:肥後 球磨門

釜揚げそばは、湯がいた蕎麦を水洗いせずそのまま器に入れてそば湯を注いだもので、器から立ち上る湯気で蕎麦のふくよかな香りが増して食欲をそそります。大根おろしやネギ、きざみ海苔などの薬味がすでに盛りつけられているので、まずは蕎麦だけをそのまま食べてみましょう。蕎麦本来の味が口いっぱいに広がります。

No image

写真:肥後 球磨門

おススメの食べ方は、蕎麦湯の中につゆをドボドボと入れてかき混ぜ味を調整するのではなく、食べる部分にだけつゆを垂らして食べること。そうすることで薬味とそば湯、そして主役のそばの味が引き立ちます。

最後は蕎麦湯につゆの味が付いて全部飲み干せます。蕎麦の栄養が溶け出したそば湯は身体に良いので、ぜひ最後の一滴まで残さずに。

<そば処 田中屋の基本情報>
住所:島根県出雲市大社町正門鳥居前
電話番号:0853-53-2351
アクセス:一畑電鉄大社駅から徒歩5分
営業時間:11:00~16:00(蕎麦が無くなり次第終了)
定休日:木曜日

出雲そばだけではない。ぜんざいも出雲名物

No image

写真:肥後 球磨門

出雲地方はぜんざい発祥の地といわれて、蕎麦だけでなくぜんざいも美味しくいただけます。

ぜんざいは出雲大社に全国から神様が集まる旧暦10月の「神在祭(かみありさい)」の時にふるまわれた「神在(じんざい)餅」に起因していると伝わっています。「じんざい」が、「ずーずー弁」の出雲弁で訛って「ずんざい」に変化し、さらにそれが「ぜんざい」となって、京都に伝わったとのだとか。

出雲では「10月31日」が「1031(ぜんざい)」ということで「出雲ぜんざいの日」になっていますが、いつでも美味しいぜんざいがいただける、出雲大社の大鳥居の前にあるご縁横丁の「ぜんざい餅」のぜんざいはおススメです。

No image

写真:肥後 球磨門

明治初期から続く老舗で、出雲産の大納言を使った小豆の風味豊かな出雲ぜんざいは甘さも控えめで絶品です。またここで販売される「ぜんざい餅」はここでしか手に入らない餅です。出雲大社参拝の折には美味しいぜんざいを食べて、ぜんざい餅をお土産にいかがでしょうか。

<出雲ぜんざい餅(大社店)の基本情報>
住所:島根県出雲大社町杵築南840-1
電話番号:0853-53-5026
アクセス:一畑電鉄大社駅から徒歩5分
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休

「そば処おくに」でいただく「縁結びセット」

写真:肥後 球磨門

「出雲そば」も「出雲ぜんざい」も食べたい。でも別々の店舗に行く時間がない。そんな方におススメなのが割子そばとぜんざいがセットになった「縁結びセット」です。コシのある風味豊かな出雲そばと、控えめな甘さの出雲ぜんざいが同時に楽しめます。

No image

写真:肥後 球磨門

写真の「縁結びセット」は、出雲大社の大駐車場出入口正面にある「そば処 おくに」のものです。縁結びセットは他のお蕎麦屋さんでも用意されていますが、開店時間は11:00というお店が多いです。そば処おくにの開店時間は午前8時と早い時間から営業されているので、参拝客の少ない早朝の出雲大社をお参りした後に、朝食として縁結びセットをいただくのはいかがでしょうか。

No image

写真:肥後 球磨門

セットには縁結びのお守りもついています。縁結びの神様にお参りして、縁結びセットを食べ、縁結びのお守りをゲット。最強の縁結びパワーが授かるのではないでしょうか。

<そば処 おくにの基本情報>
住所:島根県出雲市大社町杵築東276
電話番号:0853-53-5190
アクセス:一畑電鉄大社駅から徒歩11分
営業時間:8:00~16:00
定休日:火曜日

出雲そばに出雲ぜんざい!出雲大社の食文化を楽しみましょう

玄そばを使用し、そば自体の強い香りがあり独特の味わいがある出雲そば。そのそばの食べ方には冷たい「割子そば」と温かい「釜揚げそば」があるので、両方を味わうのをおススメします。そしてデザートは出雲発祥のぜんざいを。そばを食べた後でも別腹で食べられますよ。

出雲そばと出雲ぜんざいを食べ、神代の出雲に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

出雲観光協会

そば処 田中屋

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
怪しすぎるパン屋『考えた人すごいわ』の高級食パンがガチでウマすぎた! 東京・清瀬駅前に誕生
セブンイレブン、生ビールサーバーの提供中止 「当たり前でしょ」と厳しい批判も
セブン-イレブン一部店舗のビールサーバー導入に賛否両論!? 「毎日帰りに飲む」「トラブルのもとになる」
愛知県一宮市「喫茶店のモーニング」が生き残る理由
【全国発売】「ペヤング超超超大盛GIGAMAX」攻略法 〜傾向と対策〜

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加