メディシノバ---MN-166のメタンフェタミン依存患者を対象とするバイオマーカー臨床治験開始

メディシノバ---MN-166のメタンフェタミン依存患者を対象とするバイオマーカー臨床治験開始

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/13
No image

株式会社フィスコ

メディシノバ<4875>は、米国を拠点とするバイオ医薬品ベンチャー。中枢神経系疾患向けMN-166(イブジラスト)、非アルコール性脂肪肝疾患・特発性肺線維症向けMN-001(タイペルカスト)の開発に注力中。

同社は10日、メタンフェタミン(覚醒剤)依存患者を対象にMN-166(イブジラスト)の効果を評価するためのバイオマーカー治験を開始すると発表した。
オレゴン保健科学大学、精神医学、行動神経学の準教授で、ポートランド在郷軍人病院のスタッフ神経精神科医、オレゴン保健科学大学のメタンフェタミン濫用研究所の治験医師であるホフマン博士とオレゴン保健科学大学、精神医学、行動神経学の教授で、メタンフェタミン濫用研究所の所長、およびポートランド在郷軍人病院の終身研究員であるジャノフスキー博士と共同で開始する。

この治験は、メタンフェタミン依存患者を対象に、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された患者のみならず、PTSDを認めない患者においてもMN-166(イブジラスト)の治療効果を評価する。本治験はすでにFDA(米国食品医薬品局)の許可を受けており、ポートランド在郷軍人病院、およびオレゴン保健科学大学において、ホフマン博士によって治験が開始されるとのこと。

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンモノ?ニセモノ?日本発の「量子コンピューター」めぐり疑問噴出
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
太陽系外から飛来した小天体「オウムアムア」は葉巻型で岩石質か金属質
リキッドバイプシーで免疫治療の効果予測?
2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加