渋谷PARCOにアニメやマンガ、ゲームなど集う電脳サブカルチャーゾーン誕生

渋谷PARCOにアニメやマンガ、ゲームなど集う電脳サブカルチャーゾーン誕生

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/11/19

11月22日にグランドオープンする東京・渋谷PARCOの6階に、アニメ・ゲーム・マンガ・サブカルチャーのコンテンツを集積した電脳サブカルチャーゾーン「CYBERSPACE SHIBUYA」が設けられる。

No image

ポケモンセンターシブヤの店頭。

すべての画像を見る(全36件)

No image
No image
No image

“ジャパンカルチャーファンの集う聖地”を目指して展開されるこのゾーンには、集英社作品のグッズを取り扱うJUMP SHOPや、さまざまな作品のポップアップストアを期間限定で続々展開する東映アニメーションのLB POP-UP THEATER、“日本の誇るOtakuカルチャー”を世界に向けて発信するTokyo Otaku Mode初の実店舗・Tokyo Otaku Mode TOKYOといったアニメ・マンガに関連した店舗のほか、カプコンによるCAPCOM STORE TOKYO、任天堂によるNintendo TOKYO、ポケモンによるポケモンセンターシブヤ、刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のグッズを取り扱う刀剣乱舞万屋本舗などのゲーム系のショップまで計10店舗が入店している。

このほか4階に出店したほぼ日のほぼ日カルチゃんでは、「『ぼく、ドラえもん。』ドラえもんのはじまり」と銘打ち、藤子・F・不二雄が実際に使用していたカブラペン、鉛筆、消しゴムを展示するほか、「ドラえもん」グッズを販売。また同じくほぼ日による8階のほぼ日曜日では、深谷かほる和田ラヂヲ松本大洋ら10アーティストが参加する「アッコちゃんとイトイ。」と題した展覧会を11月22日から12月8日まで行う。「アッコちゃんとイトイ。」ではほぼ日の糸井重里が詩を書き、矢野顕子が作曲した歌をイメージして10アーティストが制作した作品が展示されている。

さらに4階の「PARCO MUSEUM TOKYO」および地下1階の「GALLERY X」ではオープニングエキシビジョンとして、大友克洋「AKIRA」を題材にした展示イベント「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」を実施。同展覧会では渋谷PARCOの建て替え工事の際に、仮囲い部分に装飾された大友とコラージュアーティストの河村康輔による「ART WALL」を巨大なコラージュ作品として展示するほか、大友の私物や原画の公開、グッズ販売なども行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最高に面白かった2000年代のオリジナルアニメランキング
「生徒会役員共」劇場アニメ第2弾、2020年7月10日に公開
アニメに登場する、好きな姉キャラは?19年版 3位「バンドリ」氷川紗夜、2位「ラブライブ!」絢瀬絵里、1位は...
ガンダムが日本の伝統工芸とコラボ!越前漆器サーモボトルや九谷焼の豆皿が誕生
セリア“エヴァンゲリオングッズ”が売り切れ続出!「全部100円とか神だわ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加