遠隔でごみの量が分かる「スマートゴミ箱」 ハウステンボスで実証実験開始

遠隔でごみの量が分かる「スマートゴミ箱」 ハウステンボスで実証実験開始

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/12/07
No image

GMOクラウドとハウステンボス、hapi-robo st(東京都港区)はこのほど、遠隔でごみの量を把握できる「スマートゴミ箱」(仮称)をハウステンボスに設置し、実証実験を開始したことを発表した。内蔵センサーで計測したごみの量を、PCやスマートフォンなどで確認できる。

スマートゴミ箱(外観)

No image

管理画面イメージ

GMOクラウドとhapi-robo stが共同開発。ごみの量が一定量を超えた際に、スマートフォンのアプリケーションにメールを自動で送信する。メッセージを読み上げてくれるワイヤレスイヤフォン「NAIN NA1L」にBluetooth通信で接続すれば、PCやスマートフォンなしでもごみのたまり具合を確認できる。

ごみの収集は一定量以上のごみがたまっている場合のみ行うため、いちいちごみの量を確認しにいく手間が省ける。スタッフのごみ収集にかかる業務負担を軽減できるか検証するという。

実験時期は11月20日〜2018年1月3日まで。同施設内のアムステルダムシティ(約4万2000平方メートル)にある36のごみ箱のうち、18個を「スマートゴミ箱」に交換した。

太田智美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Nokiaのアナログ腕時計型活動量計の上位モデル『Steel HR』が12月15日に発売へ
スピーカーはフルレンジに始まりフルレンジに終わる
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
Amazon Alexaが音楽目覚まし時計になった
Googleのスマートスピーカーの最高級機Home Maxが発売、音質重視の製品だ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加