広島が2年連続リーグ最速2桁10勝到達 DeNAに代わって首位奪取 田中が3打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/20
No image

中崎翔太からウイニングボールを手渡される薮田和樹=呉(撮影・飯室逸平)

「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

広島が2年連続となるリーグ最速の10勝到達で、DeNAに代わって首位に立った。

今季初先発した九里が四回途中4失点降板も、打線が活発。11安打で7点を奪った。

とくに1番の田中が2安打3打点と活躍。2-2で迎えた二回、には1死満塁から勝ち越しの2点適時打を放つと、同点とされた四回にも右前への勝ち越し適時打を放った。

ヤクルトは初回に2点を先制。四回には山田哲の3号2ランで同点に追いついたが、その後は広島の強力中継ぎ陣の前に無得点に抑え込まれた。チームは連敗で勝率も5割に戻った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
初本塁打・大谷のサイレントトリートメント洗礼に「かわいい」の嵐
ソフトB柳田がサイクル安打に接近 ソロ→中前打→適時二塁打 4打席目は...
前DeNA久保康友投手が米独立リーグと契約
【MLB】大谷翔平、第1打席でセンター前ヒット! チーム初安打に本拠地大歓声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加