イランのドローン演習がすごすぎる アメリカやイスラエルからパクったドローン編隊が目標を正確に攻撃

イランのドローン演習がすごすぎる アメリカやイスラエルからパクったドローン編隊が目標を正確に攻撃

  • ガジェット通信
  • 更新日:2019/03/15
No image

イランのイスラム革命防衛隊航空宇宙軍の司令官は、米軍などから鹵獲(ろかく)してコピー生産したドローンを使った大規模な軍事演習“エルサレムへ向けて 1”を実施したと発表した。

この演習は、米国製ドローンRQ-170センチネルやMQ-1プレデター、MQ-9リーパー、RQ-7シャドウ、スキャンイーグル、イスラエルのヘルメス450のコピー機体など、多数の“パクリドローン”が参加して行われた。基地を飛び立った50機のRQ-170のコピー機とその他のドローンからなる編隊は、約1000km離れたペルシャ湾の島に設けられた標的を一斉に爆撃し、演習は成功した。

No image

اولین تصاویر از بزرگترین رزمایش پهپادی #سپاه در خلیج فارس
— خبرگزاری فارس (@FarsNews_Agency)
2019年3月14日
from Twitter

No image

https://twitter.com/FarsNews_Agency/status/1106148065524752385

No image

ドローンの見本市みたいな演習会場。攻撃能力を持たせた改良型パクリドローン編隊がGPS誘導爆弾(?)を投下して正確に目標を破壊。パクった技術を完全に自分のモノにしているようだ。

イスラム革命防衛隊は2011年12月にイラン上空を偵察飛行中のRQ-170を電子的に乗っ取り、ほぼ無傷で鹵獲することに成功。当時米軍の最新鋭機だったこのステルス・ドローンをリバースエンジニアリング、つまり分解して仕組みを理解した上で、そっくりのコピー機体“シームルグ”と武装型“サーエゲ”を開発したと発表していた。イスラエルのヘルメス450は、2014年10月にイスファハンの原子力施設に向かって飛行中のところを傍受・撃墜されていた。イスラム革命防衛隊航空宇宙軍の司令官によると、これらの機体は既に、シリアとイラク国内にあるISの拠点を攻撃するのに使用された実積があるという。また、イランは無人航空機分野では世界のトップ4またはトップ5に入る実力があり、中東地域では最強の国家だと宣言している。

画像とソース引用:『Twitter』及び『farsnews.com』より
http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13971223000508[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす)※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20歳男性が17歳の少年を襲撃......その理由に「彼はヒーローだ」の声続々
昭和~平成、日本の空守る=302飛行隊、F4運用終了-新元号下で試されるF35
株価大暴落は不可避か。大幅下落の引き金をひく「盲点の10連休」
ここ30年で2番目に大きい隕石が落下。日本の「ひまわり衛星」が直前のカラー写真を撮影していた
日本のメディアがちっとも報じない、中東トルコの「危険な賭け」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加