個人向けスキャナーScanSnapから6年ぶりの新商品「iX1500」が登場!タッチパネルと新ソフトでより使いやすく

個人向けスキャナーScanSnapから6年ぶりの新商品「iX1500」が登場!タッチパネルと新ソフトでより使いやすく

  • @DIME
  • 更新日:2018/10/11
No image

株式会社PFUは2018年10月2日、パーソナルドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズの新商品発表会を行った。

2001年に誕生したScanSnapシリーズは、今年2018年に全世界出荷500万台を突破。今や日本だけでなく、世界中から支持されるスキャナーになった。

6年ぶりとなるScanSnap待望の新商品は、人気商品iX500の後継機となる「iX1500」。ユーザーからの声を反映させ、随所に大幅な変更・改善が盛り込まれた。

本記事では、iX1500に追加された新機能と、同商品はどのような方におすすめなのかを紹介する。

No image

iX1500発表会の様子

左)執行役員常務 宮内氏、中央)代表取締役社長 半田氏、右)イメージソフトウェア開発統括部 第一開発部長 大窪氏

ScanSnapとは

No image

ScanSnapは、あらゆる紙や文書を簡単にPDF化してくれるパーソナルスキャナー。すでに書類の整理にScanSnapシリーズを活用している方も多いだろう。何を隠そう、筆者も数年前からScanSnap S1100を愛用している。

ScanSnap最大の魅力は、その「手軽さ」だ。

例えば、名刺の整理。筆者自身、ScanSnapを使用するまでは名刺を1枚ずつスキャナーにセットするか、名刺管理アプリのカメラで撮影をしていた。面倒で時間のかかる作業である。(結局、途中でやめてしまうことも多々あった)

ScanSnapを使うと、そうした面倒やストレスは一切ない。サクサクと名刺を読み込ませることができ、あっという間に作業が終わる。

最近では、紙の本をPDF化しタブレットなどで読書を楽しむ、いわゆる「自炊」にScanSnapを活用する人もいる。

情報は必要なものの、紙で保存する必要がないものは意外と多いものだ。それらの書類をScanSnapでデータ化することで、スペース確保にも役立つ。データ化しておけば、保存・整理・検索がグッと楽になる。

新商品iX1500の特徴

No image

では、今回の新商品iX1500で大きく進化した点を見ていこう。

本体にタッチパネルを搭載

iX1500では、4.3インチのカラータッチパネルを採用。スマートフォンなどの操作と同様、ディスプレイをタッチ・スワイプすることで、直感的に本体の操作を行うことができる。タッチパネルからは、カラー・モノクロの設定や保存先の選択などの操作が可能だ。

No image
No image

ディスプレイの「アイコン機能」も、特筆すべき点である。アイコンでは「名刺を管理(名刺を読み取り)」「家計の支出を管理(レシート読み取り)」など、用途に合わせた20種類以上のテンプレートが用意されている。

アイコンは8色から選択することができ、最大30個まで登録可能。チームや家族ごと・用途ごとにアイコンを色分すれば、さらに使いやすくなるだろう。

ソフトも大幅刷新 「ScanSnap Home」へ

No image

iX1500の発売とともに、ソフトウェアも大幅に刷新された。

従来は、用途ごとに「ScanSnap Manager」「ScanSnap Cloud」など、複数のソフトを使い分ける必要があった。今回の変更で、それらの機能は「ScanSnap Home」に統合され、大幅に利便性が向上。スキャンした原稿の内容を抽出して、自動でファイル名を生成してくれる機能も追加された。

また、ScanSnap Homeには学習機能AIが搭載された点も大きい。自動生成されたファイル名に手動で変更を加えると、それらの修正を学習し、次回以降より最適なファイル名を提案してくれる。使えば使うほど、自分仕様にカスタマイズされていく感覚を味わうことができるだろう。

機能の向上

No image

iX1500は、「ストレスフリー」が一つのキーワードになっている。

同製品は、iX500に比べ読み取り速度が向上し、A4カラー両面・毎分30枚の高速読み取りを実現。「手差しスキャン」を利用すれば、2つ折り原稿の読み取りや、付箋を貼った原稿もスキャン可能だ。

さらに、2.4GHz帯に加え電波干渉に強い5GHz帯にも対応している。「縦筋軽減機能」が追加され、読み取った原稿に縦筋が入ることを軽減し、よりきれいな状態でデータを保存することができるようになった。

iX1500は、まさにユーザーが気になる点が改善された新商品と言えるだろう。従来製品をすでに利用している方にとっても、買い替えを検討したくなる内容だ。

iX1500はこんな方におすすめ

No image

ScanSnapは個人ユーザーだけではなく、企業内でも活躍するシーンは多い。「断捨離」「ミニマリスト」を目指している方はもちろん、仕事で手書き文書のやり取りが多い方には、特におすすめしたい。

以下の項目に該当するのであれば、iX1500の購入を検討してもいいだろう。

【特にiX1500をおすすめしたい人】

・5GHz対応のワイヤレススキャナーを利用したい
・本のPDF化(自炊)に挑戦してみたい
・複数人での使用を前提にしている(家族、企業、チームなど)
・タッチパネルで操作できるスキャナーを探している

ここまでの機能を求めていなければ、iX100/S1100など、コンパクトサイズのものからScanSnapを試してみてもいいだろう。

No image

iX1500の重さは、3.4kgとやや重い。加えて、ACアダプターを使用するため据え置きでの使用が前提となる。サイズはコンパクトなため、室内で位置を変えることは容易だが、持ち運びを想定した使い方には適していないだろう。

iX1500単体でも十分その便利さを感じることができるが、EvernoteやDropboxといった他のサービス・アプリと連携をさせることで、格段に利用シーンが増えるはずだ。ぜひ、iX1500の自分だけの使い方を見つけてほしい。

【iX1500 製品情報】
発売日:10月12日(金)
価格:オープン価格 (PFUダイレクト価格:税込51,840円)
外形寸法(幅×奥行×高さ):292mm×161mm×152mm
重さ:3.4kg
読み取り:両面読み取り、A3読み取り対応
読み取り速度:両面30枚・60面/分
原稿積載枚数:50枚

No image

文/久我裕紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドンキで発売開始した3980円のスマートウォッチ『アクティブギア ライフロガー』を買ってみた!
異世界ソ連のFPS『Atomic Heart』設定の一端が垣間見える動画「Soviet Television at Facility 3826」公開
ポイントも逃さない!「Apple Pay」「Google Pay」に入れたい電子マネー7選
内側から暖めるヒーター付きの次世代型ブルゾン「THERMO SYSTEM」を北海道で試してみた
折りたたみスマホことGalaxy X、世界的に発売される見込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加