iOS13の新機能が判明!ダークモード、iPadの各種操作性向上など

iOS13の新機能が判明!ダークモード、iPadの各種操作性向上など

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/04/17
No image

iPhoneやiPad向けOSの次期バージョン、iOS13の詳細について米メディア9to5Macが報じています。ついにダークモードが利用可能になるほか、iPadではジェスチャで「元に戻す」操作が可能になるとされています。

6月3日からのWWDC 19で発表のiOS13

デベロッパとしても知られ、9to5Macの記者であるギルヘルム・ランボー氏が、iOS13の開発状況に詳しい人物からの情報をまとめて記事にしています。

ランボー氏は最近、次期macOSでミュージック、TV、Podcastのアプリが独立したものになる、との予測を伝えています。

これらの新機能は、6月3日から開催される世界開発者会議(WWDC 19)で発表され、一般ユーザー向け正式版は9月に公開されると見込まれています。

iPhoneやiPadでダークモードが利用可能に!

iOS13では、macOSですでに利用可能になっているダークモードが、「設定」アプリから利用可能になります。

また、「Marzipan(マジパン)」で開発されたアプリは、macOSとiPadの両方でダークモードが利用可能になります。

iPadでは1つのアプリで複数ウィンドウを開けるように

iOS13では、特にiPad向け機能に多くの変更が加えられます。

iPadの大画面を活かして、1つのアプリで複数のウィンドウを開き、ドラッグ操作でそれぞれのウィンドウをパネルのように並べたり、重ねたり、取り除いたりすることができるようになります。

指3本のスライド操作で「取り消し」が可能に

これまで、iPhoneやiPadでは、操作を「取り消す(アンドゥ)」には、本体を振らなくてはなりませんでした。

iOS13では、iPadのキーボードを3本指で左右にスライドすることで「取り消す」「やり直す」操作が可能になります。この操作については、iPadで最初にキーボードを開いたときに説明が表示されます。

iPadのSafariで、デスクトップ版を自動表示

iPadのSafariで開いたWebページは、自動的にデスクトップ版で表示されるようになります。これまでは、自動的にiPhone版が表示されていました。

フォント管理が改善

iOS13では、フォントマネジメントが改善され、「設定」アプリにフォント管理メニューが追加されます。

ユーザーは、新しいフォントをインストールするのに、プロファイルをインストールする必要がなくなります。

「メール」アプリが初の大規模改修

標準「メール」アプリは、初の大型リフレッシュが施され、メッセージを「買い物」「旅行」「重要ではない」などに分類できるようになります。

メッセージを「あとで読む」に分類しておくことも可能です。

音量コントロールの表示が控えめに

iOS13では、音量コントロールの表示が改善されます。これまでは、音量のアイコンが大きすぎて、コンテンツが見えにくくなると不評でした。

Siriの誤作動率が低下

Siriが、「Hey Siri」と呼びかけられたと勘違いして、笑い声や赤ちゃんの泣き声に反応していた問題も修正されます。

印刷機能も改善

iOS13では、アプリからの印刷操作機能が強化されます。

Source:9to5Mac
Photo:ConceptsiPhone
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleが新CMを公開。ピザ箱の再発明にAppleプロダクトは役立つのか...?
【ゼロからはじめるApple Pay】第6回 Apple Payでポイントカードは使える?
Bose、3製品をAirPlay 2対応に〜日本でも販売中の機種
小さく使いやすかった4インチiPhone SE、後継機は4.7か4.8インチの「XE」という2つの情報
一度使ったら病みつきになる!?超簡単なコンテンツ共有アプリ「AirDrop」とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加