「政府の立場に反することになる...」豪州がU-19北朝鮮代表を入国禁止に!

「政府の立場に反することになる...」豪州がU-19北朝鮮代表を入国禁止に!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image

政治的な事柄がサッカーに影響を及ぼすことは残念でならない……。 (C) Getty Images

その決断はサッカー界のみならず、あらゆる世界に影響を及ぼしそうだ。現地時間10月10日、豪州メディア『SBS』が、同国政府がU-19アジア選手権予選で入国予定だった北朝鮮代表を受け入れないことを決めたと報じている。

同メディアによれば、11月8日にU-19北朝鮮代表は、アジア選手権予選の試合を行なう予定だったが、オーストラリア政府が入国ビザを発給しないことを決めたという。

さらにSBSの取材に応じた豪外務省のジュリー・ビショップ氏は、「AFC U-19選手権予選でオーストラリアにやって来る予定だった北朝鮮サッカーチームの入国を許可しないことを決定した」と明言したうえで、理由も明かした。

「彼らを招き入れることは、核兵器やミサイルの違法開発を繰り返す北朝鮮に対して、強く反対している政府の立場に反することになる。そして、国連安保理の決議にならい、北朝鮮に対する外交的かつ経済的プレッシャーを増やすという努力にも矛盾することになってしまう」

この決定を受けたオーストラリア・サッカー協会の広報は、「我々は政府の決定を尊重する」としながらも、「国外で試合が開催される可能性が高くなったことは残念に思う」と第三国での試合開催を惜しんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアルとトッテナムの天王山は1-1ドロー...両GKがC・ロナウド&ケイン差し置いて主役に
レスターがシェイクスピア監督を解任! 岡崎慎司に影響は?
香川のバー直撃弾も... ドルトムントがCL敵地アポエル戦1-1ドロー GS突破へ厳しい状況に
岡崎所属レスター、シェイクスピア監督を解任...3年契約締結から4カ月で退団
浦和興梠「一番欲しい」ACL制覇へ強い思い明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加