【神戸製鋼データ改竄】神戸製鋼、鉄粉でもデータ改ざんの疑い

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/11

神戸製鋼所がアルミ・銅製品のほかに、鉄粉製品でも強度などの性能データを改竄(かいざん)していた疑いのあることが11日、分かった。社内調査を進めており、不正行為の広がりが確認されれば、さらなる信用低下は避けられない。

関係者によると、特定の顧客に納めている鉄粉製品1種類に関し、調査、確認に乗り出した。改竄の疑いがあることは経済産業省にも報告済みで、鉄粉ではこの1種類以上に対象が広がる可能性はないという。

神戸製鋼は鉄粉を、自動車のギアやトランスミッションといった、形状が複雑な部品の素材として供給している。8日の会見では、アルミ、銅以外でも改竄の事実がないか調査しているとしていた。

問題の判明したアルミ製品などの供給先は、トヨタ自動車など自動車大手各社や鉄道、航空宇宙、防衛産業を含む約200社に上り、状況によっては、自動車のリコール(無料の回収・修理)などに発展する恐れもある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
18日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそう
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
テレビの影響力はまだまだ強い、一方「新聞離れ」は急速に
「日本初のコンタクトレンズ誕生の地」記念プレート撤去へ 名古屋で266年続くメガネ店「玉水屋」11月末閉店
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加