BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

仮想通貨ビットコインは再び重要な心理的節目である1万ドルを試す展開となった。ただ、中国の旧正月(15日から21日まで)を控えていることは、懸念材料となっている。旧正月に向け、中国や韓国の国民はビットコインを(flat currencies)法的通貨に交換する傾向にある。ビットコインへの需要が減少することは、相場のマイナス材料になると見られている。

NY午前11時時点、CBOEビットコイン先物(2月限)9280ドル、CMEビットコイン先物(2月限)9265ドルと、9000ドル台を回復した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ターキッシュ・エアラインズ、春のトルコ行きでセール 往復4.9万円から
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
日銀、デフレ脱却の完全失敗へ...経済失速の「戦犯」黒田総裁続投は「最悪中の最善」
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
大学ベンチャー 10社に1社が東大発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加